「タイムスクープハンター」

"リアルすぎる歴史番組"NHK『タイムスクープハンター』が示す映像新時代

「NHK『タイムスクープハンター』(月曜午後10時55分~)は、未来の「タイムスクープ社」から来たジャーナリスト(要潤)が、さまざまな時代で、「教科書に載らない人々」を密着ドキュメントするという、斬新な"ドキュメンタリー風歴史番組"だ。
もともとNHKが実験的な番組を放送する特別枠『番組たまごトライアル』で2008年9月に放送され、視聴者から好評だったことをきっかけに、現在はセカンドシーズンまで至っている。」


「タイムスクープハンター」ぼくは結構好きで、高校生の息子と二人でよく見ています。
始めて見た時は映像が斬新で、しかも今まで知らなかった内容が多いので、毎回楽しみです。
大河ドラマで「竜馬伝」が始まった時、カメラワークや雰囲気がタイムスクープハンターに似ているなあと思ったけど、あれ、スタッフとか被ってるのかな?

どうでもいいけれど、引越し後ようやくネット接続までたどりついた。
[PR]
by gqgweb | 2010-06-09 10:37 | ■番組感想