「蝉夏」

a0011909_88411.jpg


蒸し暑い日が続いている。
重い雲と大粒の雨と強烈な陽射しの繰り返し。
夏である。

昨日庭に野菜を植えようと耕していたら、アブラゼミの幼虫を掘り起こしてしまった。
中身のぎっしり詰まったセミの抜け殻様の幼虫は、ひっくり返って土の上でのろのろ脚を動かしていた。
スコップで傷つけた箇所は見当たらなかったので、もう一度軽く土をかぶせ、埋めなおしてはみたが、アリが異常なほど活発に歩き回っている夏の庭で、どのくらい生き残れる確立があるのか、わからない。

梅雨が明ければ、彼等セミ達の季節が本格的に始まる。
命果つる直前の絶叫と生殖の季節である。
[PR]
by gqgweb | 2010-06-28 08:08 | ■日常感想