「1934年発行10億ドル紙幣」

この偽札、一見完璧なんですが……

●堀江貴文肖像の100億円紙幣
●田中角栄肖像の5億円紙幣
●白バイ警官モンタージュ肖像の3億円紙幣

なんていうのは判りやすいかもしれませんね。

グロバー・クリーブランド大統領の肖像画入りの10億ドル紙幣250枚

なんだかコメディ映画のような内容なんですが
「10億ドル紙幣なんて見れば、景品か何かとしか思わないでしょう。でも本物だと思う人もいるんですよ(捜査に参加した秘密捜査官)」

って事なので堀江紙幣も駄目ですね。
偽物だと見破れない某議員みたいな人が使っちゃうかもしれないですもんね。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-16 13:51 | ■噂話感想