「かくれんぼ鬼のままにて老いたれば誰をさがしにくる村祭」

あなたも寺山修司になれる!? 寺山お面

寺山修司が生きていたら、e-mailやBlogをどういうふうに使っただろうと、今でも時々思います。
「生誕70年」。すっかり昔の人ですね。

このお面はあんまり欲しくないけれど、記念イベントはちょっと覗いてみたいです。

私たちはどんな場合でも、劇を半分しか作ることができない。
あとの半分は観客が作るのだ。

・・・寺山修司
[PR]
by gqgweb | 2006-09-19 17:58 | ■人物感想