「なんでも、見えるんだよ」

2週間ほど前、病院で寝ている90歳になる僕の祖母が、夜突然
「スガワラさん(仮名)が亡くなったから出かけなくちゃね」
と言ったそうです。

祖母はもちろん出かけられるような状態ではなく、看護士さんもビックリして
「今日は早く寝ましょうね」と言ってくれたそうですが、
翌日、祖母の友人だった「スガワラさん」がその時間に亡くなっていた事がわかりました。

後日、見舞いにいった叔母が
「おかあさん、なんでわかったの?」
と祖母に聞いてみると、
「なんでも、見えるんだよ」
との返事。
そうか、なんでも見えるのか。
それはちょっと困るなあ。

こういった話って実際に身近に起こってみると、不思議っていうよりも、当たり前の出来事のような感覚になります。

でも、なんなんでしょうね。こういうの。
[PR]
by gqgweb | 2008-02-26 15:20 | ■日常感想