「携帯電話は悪魔に繋がっているか」

教育再生懇の「ケータイ禁止」 これまでの議論無視した「思いつき」

先日、うちの娘(小学生)が公園で遊んでいる最中に、荷物を奪われる事件がありました。
友人数人と遊んでいて、見知らぬ中年の男にかばんを盗られたのです。

幸い怪我はなく、カバンの中身も高価なものは入っていなかったのですが、驚きました。

その時、一緒に遊んでいた娘の友達が携帯電話を持っていました。
急いで110番をし、またうちにも携帯から連絡をしてくれました。
おかげですぐに警察官が駆けつけてくれ、妻も現場に向かうことができました。
犯人は逃げてしまいましたが。

その子は塾に通っているので、塾の後、家族に迎えに来てもらう連絡の為、携帯を所持していたのです。助かりました。

「教育再生懇談会」の席上、福田首相が
「(子どもが携帯電話を持つと)ロクなことがない。悪い大人に利用されるだけだ。人間関係にもマイナスだし、教育上もよくない」
と発言、「5月17日に了承された中間報告書案では、「小中学生に携帯電話も持たせない」との提言が盛り込まれることになった。」
そうです。

たしかに有害サイトへのアクセス等問題があるのはわかります。
「悪い大人」に利用されることもあるでしょう。

でも、事故や事件にあった時、役に立つのも携帯電話です。
なにしろ今は緊急時の為にテレホンカードを持たせていても、肝心の公衆電話がどこにも無いといっていいほど無いのですから。

そのあたりも考えて議論が進んでくれるといいです。
[PR]
by gqgweb | 2008-05-19 23:41 | ■日常感想