「悪魔が世界の相場で笑う」

9割超が「物価上がった」 日銀調査、景況感も悪化

「日銀が4日発表した生活意識アンケート(6月調査)によると、1年前に比べて現在の物価が「上がった」と答えた人の割合が前回3月調査に比べ6・2ポイント増えて92・1%に上った。同様の質問を始めた97年以降で最も高い比率だ。」

別に日銀がアンケートしなくたって、実際数字として物価上がってるし。

原油が上がり、物価が上がり、消費が冷え込み、倒産や失業が増え、税収も減る。
日本は本格的な国家破産を先延ばししようと「焼け石に水」的増税をおこなう。
さらに消費が落ち込み、企業の収益は減るのに、インフレは進む。
そんな雰囲気が濃厚。

ただ、この先、ドルが先に値崩れするか、円が先に紙屑になるか、まったく判らないです。
どちらにしろこれから10年くらいの間に、最悪、預金封鎖のような事態が起こってもおかしくはなさそうです。日本の場合、ロシアやアルゼンチンのような荒療法をおこなうかって言うと、それも微妙な感じだけれど。

実際、資金はどんどん日本から逃げ出している。
マスコミなんかを通して、目に見える形で最悪の事態が表面化したころには、手の打ちようがなくなっているでしょう。

まあ、しかし、日本が今、一番恐れなければいけないのは食料難です。
早急に自給率80%くらいまで高めておかないと、後の歴史年表に「平成の大飢饉」っていう項目ができてしまうかもしれません。
ホントに。
[PR]
by gqgweb | 2008-07-05 10:15 | ■日常感想