「マグマ大使」

浅間山が噴火、各地で降灰 気象庁が警戒呼び掛け

「気象庁は2日、浅間山(群馬、長野県、2568メートル)が同日午前1時51分、山頂火口で小規模の噴火をしたと発表した。同庁は、今後も火口から半径約4キロの範囲で噴火による大きな噴石飛散の可能性があるとして警戒を呼び掛けた。」


浅間山が噴火したようですね。
灰が降ったりしているみたいです。

浅間山の噴火を調べてみました。

最近では昨年8月の小規模噴火。
その前は2004年。

地底の出来事なので、浅間山が噴火した前後に地震関連でなにがあったかも
検索してみました。

2008年8月 浅間山小規模噴火 岩手・宮城内陸地震 M7.2(約2ヶ月前)
2004年9月-12月 浅間山噴火 新潟県中越地震 M6.8(同時期10月)
1983年4月 浅間山爆発 日本海中部地震 M7.7(約1ヶ月半後) 
1973年2月-6月 浅間山爆発 根室半島沖地震 M7.4(同時期6月)
1922年1月-4月 浅間山噴火 関東大震災 (約1年半後 震災翌年も噴火)
1783年5月-8月 天明の大噴火 江戸大地震 (約3ヶ月前) 

なんとなく関係がありそうですが、浅間山は結構頻繁に噴火しているし、日本は大きな地震が数年おきに発生していますから、関連があるように見えるだけなのかもしれません。

でも、用心して損する事はないので、大きな地震に備えておくのがいいでしょう。
なにしろプルプルゼリーに浮かんでいるような島に住んでいるわけですから。
[PR]
by gqgweb | 2009-02-02 12:54 | ■日常感想