「痛みはある朝突然に その後」

痛風の痛みがなかなか治まらないです。
ほんとまいったなあ。
なんだか聞いたところ長い人だと半年以上続く人もいるみたいです。
なにぃ?半年ぃい!!!なんの苦行ですかっ!!!

えー、痛風になってあらためてよくわかった事

1.街にはいたるところ階段がある
特に都内は歩道橋じゃないと反対側に渡れない道路が案外多いです。
横断歩道もあるにはあるんですが、それははるか彼方・・・って場合が。
健康体の時はスイスイ歩道橋使っていたので気がついてなかったです。
あと、処方箋出す薬局は基本バリアフリーの方がいいんじゃないかと。

2.石畳が危ない
石畳ってお洒落なんで最近ビルの間道なんかでも採用されてるんですが、
あれ、足が痛いと危険です。つまずくんですよ結構。
健康な時に歩くしかねえな。

3.電車内はみんな親切
杖をついて足をひきずって電車に乗っていると、
席を譲ってくれる人がとても多いんだなあと思いました。
特に綺麗な女性が譲ってくれるパターンが多いです。
大学生くらいの女の子とか。
若い人のマナーや思いやりがいろいろ言われてますけど、
それは中高年記者のネタですね。

4.痛風持ちは沢山いる
「どうしたの?怪我?」
「いや、痛風で」
「ワハハハ、そっちか。俺もだよ。痛いよねえ」
・・・・・・・・・。
特に経営者、多いですね。
これは確実にストレスが関係してるんでしょうね。不摂生もあるんでしょう。
放置して腎臓や血管までひどくなってる人もいました。早死にするよな。

5.食べすぎでした

社内の打ち合わせであればお茶かコーヒーが基本なので特に問題はないんですが、
外で人に会うと、そのたびになんか食べたり飲んだりしてたんで、まずこれが駄目でした。
マクドナルドでコーヒー飲んで一休みした時、
「あれ、今日はマックシェイクじゃないんですか?」
って言われてビックリ。自分は他の人から
マクドナルドではマックシェイクをたのむ人
って印象がついていたようです。いや、ほんとそーだったんだけど。
一日ジュース6杯、アイス2個くらいは普通に食べていたので、
体調が狂わないほうがおかしかったんですよ。
普通の人くらいの量に減らしただけで、ひと月もしないうちに6kgも体重が減りました。
急激に体重減らすの痛風発作にはご法度なんだけど、徐々に減らすとなると異常に食べないといけないから、しょうがないですね。

というわけで、自業自得といわれてもしょうがない日々を暮らしているその後でした。
痛いなあ。
[PR]
by gqgweb | 2009-05-15 11:43 | ■日常感想