殺人以外の可能性

奈良・五條市山中の草むらに人の胴体

奈良の草むらにほぼ胴体だけの死体。
「着衣がないなど、不自然な状況から、県警は殺人の可能性もあるとみて」解剖。

この場合「殺人以外の可能性」もあるという事なんでしょうか?

では、それはどんな場合なのか?

●道を歩いている途中車に跳ねられ偶然服と手足と首が吹っ飛んでどこかに行ってしまった。
●裸で散歩中熊の様な犬に襲われ胴体だけ残してみんな食べられてしまった。
●洋服と手足首が無くなってしまう奇病が突然発症した。
●発作で急死した死体を見つけた誰かが服と首や手足を持ち帰った。
●自宅で服を脱ぎ自ら手、足、首を切断して自殺した後、転がって移動しこの場所で力尽きた。
●どこかの医大かなにかで実験用に使われた献体が何かの事情で捨てられた。
●死んでいるようでまだ生きている。

殺人で無かったりすると、その方が恐ろしいかも。
[PR]
by gqgweb | 2004-08-09 09:58 | ■事件感想