「アスペラトゥス雲」

アスペラトゥス雲、ニュージーランド

「アスペラトゥス(asperatus)はラテン語で「rough(荒い、粗い)」を意味する。この新種類の雲はいまだに謎の存在だが、専門家は“大荒れの ”アスペラトゥス雲の下では、それまで安定していた暖かい空気と冷たい空気の層が強風によってかき乱されているのではないかと考えている。

 アスペラトゥス雲は、世界気象機関(WMO)の国際雲図帳で1950年代以来の新しい分類となるかもしれないと、雲を愛でる会(Cloud Appreciation Society)の創設者ギャビン・プレイター・ピニー氏は話している。」
(NATIONAL GEOGRAPHIC)

これは・・・・なんか凄いなあ。
こんなの観たら地球の終わりかと思っちゃいそうです。

a0011909_15223075.jpg

Photograph courtesy Merrick Davies

[PR]
by gqgweb | 2009-06-04 15:25 | ■日常感想