「サマーウォーズ」

さっきテレビでサマーウォーズを観ました。
とても面白かったです。

幼稚園級の感想ですみません。
最近は幼稚園児でももっとマシな感想言うだろうな。


[PR]
by gqgweb | 2010-08-06 23:32 | ■映画感想

「乗る上の盛」

異例! 『ノルウェイの森』主題歌にザ・ビートルズ原盤の「ノルウェーの森」が決定

「村上春樹の大ベストセラーを映画化した『ノルウェイの森』の主題歌に、タイトルの由来にもなっているザ・ビートルズの「ノルウェーの森」の原盤が使用されることが決まった。世界配給の日本映画で、ビートルズの原盤が主題歌として提供されるのは初めてのこととなる。」
(cinemacafe.net)

どんな作品に仕上がっているのかな。
「ノルウェーの森」は村上春樹の小説の中では、比較的映像化しやすい部類に入るとは思うけれど、それでもずいぶん難しかったでしょうね。

村上春樹から映画化の許諾を貰って、ビートルズの原盤が主題歌に使用されるって、本当にスタッフは映画化に向けて頑張ったんだなあ。
興行的に大成功!とまではいかなくても、ああ、あれはなかなかいい映画でしたよね、って言われ続ける作品に仕上がってるといいですね。
[PR]
by gqgweb | 2010-07-14 08:56 | ■映画感想

「「ノルウェイの森」


村上春樹氏「ノルウェイの森」が映画化

エーーーーーーーーーーーー!!

これはビックリ。

村上春樹がOKをだしたってことなんでしょうね。
ある意味、この映画化で「ノルウェイの森」呪縛からの開放を考えたのでしょうか。

監督はトラン・アン・ユン。
キャストは未定。

開かれゆくハルキ世界。
[PR]
by gqgweb | 2008-07-30 20:04 | ■映画感想

「ぬらりひょん」

鬼太郎2に緒形拳ら“目玉キャスト”

緒形拳が「ぬらりひょん」!!
特殊メークするそうですが緒形拳さんだったらそのままでも良かったかも。
寺島しのぶさんの「濡れ女」もなかなか雰囲気ありそうです。

が、実はまだウエンツ鬼太郎の1作目観ていないのだった。
[PR]
by gqgweb | 2008-01-07 10:47 | ■映画感想

【コラム】 ハリウッド実写版「D・B」がとんでもないことになってる!?

―悟空=学校では目立たないが実は才能のある武道家』『ブルマ=可愛くてインテリな女性。父親のDBをピッコロ大魔王に奪われ、悟空と共に戦う決意をする―

わはは。ハリウッド版「ゴジラ」を想いだしますね。
なにやら制作費は推定100億円らしいですけれど、見事なB級品に仕上がりそうな予感。

そもそも漫画を実写化すると日本で仕上げてもあんまり評判良くなかったりするし。
「キャシャーン」とか「どろろ」とか「デビルマン」とか。
恋愛系漫画の場合ならテレビドラマの流れでうまくいく場合が結構ありますけどね。

考えてみるとアメコミに関しては「X-MEN」や「スパイダーマン」みたいに興行的にも成功した例が多いわけだから、もしかすると日本の漫画やアニメのレベルがハリウッドの特撮を遥かに凌駕しているって事になるのかもしれませんね。

あまりにヘンテコなドラゴンボールもどうかと思うけれど、日本も中国の古典「西遊記」を香取君であのように実写化してるわけだし・・名作の実写化って本当に大変ですね。
[PR]
by gqgweb | 2008-01-06 16:21 | ■映画感想

「D.T.」

200人の「D.T.」大集合! 童貞映画イベントルポ

『40歳の童貞男』
40年間大切に守られつづけた御柱。
NHK特集のような話じゃないよな、やっぱりみうらじゅん登場だし。

しかし男が「童貞」で無くなる時ってそんなに意味があるのか。
「初めての精通」の時のほうが衝撃が強いと思うんだけど。

そういえば自分は「夢精」したことが一度も無いんですよ。
聞いてみると何人かいますね、そういう人。

あれはかなり気持ちがいいって話があるんだけど、実際どうなんだろう?
やらずに我慢すればいずれクルよって言ってた友達もいたんだけど、
自分はそこまで我慢がならなくて未だ経験なし。
「夢精童貞」ですね。

まぁ、酔ってもないのにこんな話もなんですね。
さっさと寝ます。
[PR]
by gqgweb | 2006-08-25 21:47 | ■映画感想

『日本沈没』の映画化で『日本以外全部沈没』も映画化!

「日本沈没」は読んでいないのに「日本以外全部沈没」は読んでいるって人、
意外と多いんじゃないのかな?

僕もその一人です。

映画のほうも「日本以外全部沈没」だけ観るって人いるんでしょうね。

藤岡弘も出演するのか。
ある意味本格的ですね。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-13 07:13 | ■映画感想

「バブルへGO!!」

馬場監督、7年ぶりメガホン…映画「バブルへGO!!」

バブル崩壊を止めるため、当時にタイムスリップするラブコメディーで、主演に阿部寛(41)、共演に広末涼子(25)、薬師丸ひろ子(41)を抜擢。映画とともにバブル時代を再び“体感”できる作品となりそうだ。

村上ファンドの村上さんや、元ライブドアの堀江さんが大変な事になってしまっているけれど、
世の中の雰囲気はちょっと今ホイチョイ・プロダクションズ向きですもんね。

撮影も快調そうなので出来上がりの軽薄ぶりが(良い意味で)楽しみです。

さてと、そろそろ僕も久しぶりにエンジンかけないと。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-05 10:05 | ■映画感想

「踊るフジテレビ」

「西遊記・映画版」カンヌで制作発表

SMAPの香取慎吾(29)が主演したフジテレビの人気ドラマを映画化する「劇場版 西遊記」(監督澤田鎌作)の製作発表が19日(日本時間20日)、カンヌで行われた。製作サイドは来年のカンヌ国際映画祭に出品する意向。

香取「西遊記」が映画化?
しかもカンヌに出品?

確かにドラマ西遊記は視聴率取れていたみたいだし、フジテレビは映画事業も好調みたいだし、製作側の人間はスポンサーや周りの判断も入ってきて勘違いしがちだけれど、どうなんでしょうね映画化。

これは僕の個人的意見なんだけれど、ドラマは最後までスマスマのワンコーナーみたいだったです。役者はともかく脚本と演出がよくなかったんでしょうね。まさか映画も同じ布陣でいくなんてことはないと思うんだけれど、どうなんですかね?

フジテレビ映画事業局長の亀山千広氏は「アジアのハリー・ポッターになるのでは」と自信を見せた。

西遊記は確かに原作が面白いので、「アジアのハリーポッター」になる要素を持っているとは思うのですが、それは「フジテレビ版」ではないような気がします。たぶん。

でも「製作費10億円」っていう日本の映画としたらそれなりの予算もかけるので、案外ビックリするほど面白くてカンヌも絶賛みたいな作品が出来るかもしれませんね。

松竹の「ゲゲゲの鬼太郎」とあわせて、楽しみにして待つ事にします。

「何てったってオモチロイ映画にしてね」by水木しげる
[PR]
by gqgweb | 2006-05-21 11:45 | ■映画感想

「妖怪裁判」

ウエンツ&大泉で「鬼太郎」実写化

過去のニュースでは「堤幸彦監督で実写映画化、鬼太郎のイメージは堂本剛君」ってありましたよね。

いつの間にか監督は本木克英に変わっているし、鬼太郎役も「製作陣全員の意見が(ウエンツ瑛士で)見事に一致」って事になっていたんですね。僕は「堂本剛」の方がまだ鬼太郎っぽいとは思うのだけれど、いろいろ事情があるんでしょうね。

確かずいぶん昔に竹中直人さんがねずみ男役をやっている鬼太郎の実写版があったような記憶があるのですけれど、あれは何だったんだっけ?Vシネマだったんだっけ?

さて、どんな映画になるんでしょうね。
水木先生じゃないけれど
「何てったってオモチロイ映画にしてね」。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-10 09:48 | ■映画感想