カテゴリ:■事件感想( 270 )

IAEA、検出はヨウ素 測定値を2千万ベクレルと修正  科学・環境- エキサイトニュース

「【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は3月31日、福島第1原発の北西約40キロにある避難区域外の福島県飯館村の土壌からIAEAの避難基準を上回る値が検出されたとした放射性物質は、半減期の短いヨウ素131で、測定値は1平方メートル当たり約2千万ベクレルだったと修正した。IAEA当局者は30日の記者会見で、約200万ベクレルとしていた。」

数値、桁が増えてるし(笑)。

放射能は見えないものだけに、危機感が起こりにくく、情報も隠しやすい。
過去の耐震偽装や食品偽装事件をみても、組織は自らを守るために都合の悪い事を隠蔽する場合が多々あります。

多くの人々の「いまそこに生きる」という権利と引き換えに、手に入れてよい権力や利益が、この世にあるのかどうか、よく考えてみなければならないでしょう。
[PR]
by gqgweb | 2011-04-01 13:32 | ■事件感想

「放射能降り積もる国」

IAEAの避難基準を「超過」 飯館村の放射性物質 科学・環境 - エキサイトニュース

「【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長(原子力安全担当)は30日の記者会見で、福島第1原発の北西約40キロの、避難区域外にある福島県飯館村の土壌から検出された放射性物質の数値がIAEAの避難基準を上回ったと指摘、状況を見定めるよう日本側に伝えたと明らかにした。」

東電や日本政府のあいまいな発表もここまで。
諸外国の調査団や国際機関の厳密な検査をうけて、驚くような数値がさらに発表される事になりそうです。

統一地方選前の政治的なせめぎあいで、国民の安全が軽視されない事を祈ります。
[PR]
by gqgweb | 2011-03-31 11:32 | ■事件感想

グラフで9割騙される

チェルノブイリの2〜5割 福島原発放射性物質で試算- エキサイトニュース

「ウィーン共同】オーストリア気象当局は23日、福島第1原発の事故後3〜4日の間に放出された放射性物質セシウム137の量は、旧ソ連チェルノブイリの原発事故後10日間の放出量の20〜50%に相当するとの試算を明らかにした。同当局は双方の事故現場から1日当たりに放出されたセシウム137の量は「大差がない」とする一方、放射線の影響を総合的に判断したわけではなく、福島の事故規模がチェルノブイリよりも大きいとは「決して言えない」としている。」

これって、言い方の問題で、今回の事故はチェルノブイリ原発事故級だってことですよね。

あはは。
[PR]
by gqgweb | 2011-03-24 08:30 | ■事件感想

「日本最大の地震」

死者60人超、行方不明も多数 東北・関東大地震- エキサイトニュース

すごく揺れました。
震源からは離れた関東地方ですが、地鳴りとともに重く激しい揺れ。

まだ、揺れてます。
油断できないです。
[PR]
by gqgweb | 2011-03-11 22:44 | ■事件感想

「ジャスミン革命」

リビアのデモ首都に波及 軍部隊、任務放棄か 国際総合 - エキサイトニュース

「【カイロ共同】中東の衛星テレビ局アルジャジーラによると、リビアの首都トリポリで20日夜、数千人が反体制デモを行い、カダフィ大佐の支持者と衝突。民主化要求の波が41年以上にわたるカダフィ大佐の独裁体制の中枢に近づいた。」


チェニジアのベンアリ政権崩壊から始まった民主化ドミノは、エジプトのムバラク大統領を引きずり降ろし、イエメン、ヨルダン、アルジェリア、バーレーン、オマーン、サウジアラビア、イラン、リビアと次々に燃え広がっています。そして、その炎はついにインドや中国まで脅かし始めています。

「中国 茉莉花革命」が今後どのような推移を経ていくのか、隣国日本としても、とても気になるところです。

とりあえず、「ジャスミン革命」は今年の流行語大賞候補ですね。
[PR]
by gqgweb | 2011-02-21 10:53 | ■事件感想

「這いまわる闇の力」

「勝ち、譲る」と付け人 八百長、30年前の角界

「大相撲の八百長問題で、約30年前は付け人が力士に代わって「勝ち、譲る」と八百長を持ち掛けていたことが8日、東海地方出身の元力士の証言で分かった。」

夕方、NHKの相撲中継がつきっぱなしで、うたたねするおじいさんと、ミカンを食べながら取り組みを見つめる孫娘。夕飯時、野球にチャンネルをあわせ、おいしそうにビールを飲む父親。

そういう光景が、いつのまにか、もう過去の記録映像のようになってしまいました。

そんな時代の、このニュース。

歌舞伎と相撲と、この頃興行の世界が、騒がしいですね。

闇が膿みはじめています。
[PR]
by gqgweb | 2011-02-08 13:14 | ■事件感想

「蒸発と影」

100歳超す高齢者、新たに3人所在不明 東京

八王子でも「102歳」男性不明=3年前訪問、「いない」と家族

<113歳女性不明>次男所在確認できず 住民登録地は更地

「2年後にはミイラ状態」と証言 住人の長女の夫

書類上いるはずなのにいない人達(今回の高齢者行方不明問題とか密かに殺されちゃった人とか)と、
書類上いないはずなのにいる人達(不法密入国者とか死んだ事にしての保険金詐欺とか)は、どちらの数のほうが多いんだろう。

たぶん後者(書類上いないはずなのにいる人達)の方が多いとは思うけど。よくわからないです。

考えてみれば、スパイなんかはこの前者のところにするっと入れ替わりに入り込んで他国の人間になりすませるわけです。独居の人で人付き合いも無い人が消えて入れ替わってしまえば勘定が合っちゃいますからね。怖いなあ。

追記)
<高齢者不明>全国で100歳以上の男女15人 所在不明に

「東京都内で住民登録がある高齢者が死亡していたり、登録地に住んでいないことが判明した問題で3日現在、全国で100歳以上の男女計15人の所在が確認できないことが、毎日新聞のまとめで分かった。」(毎日jp)

こりゃあ、日本の平均寿命は実はもっと短かったって事になるのかな。
別の角度から考えると、国民総背番号制への布石なのかな。
国勢調査間近なだけに、いろいろ考えさせられるニュースです。
[PR]
by gqgweb | 2010-08-03 16:23 | ■事件感想

「七人ミサキ」

「秋葉原のように」と供述 広島・マツダ工場暴走事件
「広島県のマツダ工場で乗用車が暴走し、11人が死傷した事件で、殺人未遂などの疑いで逮捕された元期間従業員引寺利明容疑者が、「秋葉原の(無差別殺傷)事件のようにしてやろうと思った」と供述していることが23日分かった。」

「捜査本部などによると、乗用車は22日午前7時38分、同市南区仁保(にほ)沖町、マツダ本社工場・宇品地区の東正門で警備員の制止を振り切って構内に侵入し、4カ所で計7人をはねた。乗用車はさらに同社専用の連絡橋を渡って約800メートル離れた本社工場・本社地区=同区と広島県府中町=に入り、構内を1.5周する間に3カ所で計4人をはね、北門から逃げた。」(毎日JP)
犯人は宇品地区で七人はねた後、本社地区でさらに暴走。事故現場は合計七箇所。

今回の犯人が語っている秋葉原無差別殺傷事件での死者は七人。
秋葉原通り魔殺人と平将門伝説をめぐる「7」の不可解な符合(リアルライブ)

事件と怪異な噂や都市伝説は、直接まったく関係が無い。
現れ揃う数字も単なる偶然。
ただし、人から人へ語られてきたものには、人の心の闇を暴くヒントが隠されている。
悪夢が繰り返さないように。

「また、広島県三原市には経塚または狂塚と呼ばれる塚があったが、かつて凶暴な7人の山伏がおり、彼らに苦しめられていた人々が協力して山伏たちを殺したところ、その怨霊が七人ミサキとなったことから、その祟りを鎮めるためにこの塚が作られたのだという」
(ウィキペディア/出典・日本妖怪博物館)
[PR]
by gqgweb | 2010-06-23 09:21 | ■事件感想

「茶番劇」

「転倒」の三宅雪子民主党議員 各種憶測を打ち消す

「採決の際、背後から不意に押されて前のめりに倒れる格好となったわけです。その原因となった議員ご本人が、私に関して心ない批判をされていますが、断じて自ら倒れたわけではないことを強く申し上げます。その場で一言、謝罪があれば済んだ話だったと思うのですが、否定のみならず、陰謀説や私の人格を否定する発言までされていることには、困惑しショックを受けています」(民主・三宅代議士)


「三宅議員には指一本触れていませんし、現場でその存在も分かりませんでした。委員でもない民主党議員集団から執拗に物理的な議事妨害を受けましたので、立ちふさがる議員を押しのけて前に進もうとしただけです」
(自民・甘利代議士)

「いきなり松葉づえで入ってきた三宅さんに、「大丈夫?」と、心配して聞いたのは事実だし、「運動不足ですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい・・・」と、申し訳なさそうにしていたのは事実。その時点で内閣委員会の大騒ぎは知っていたが、その場に三宅さんが動員されていたのは知らなかった。強行採決の時に転んだと聞いて、どうして自分で転んだのだろうか?と、不思議に思ったものだ。」
(自民・馳代議士)

「この内閣委員会の「強行採決」と「乱闘騒ぎ」、三宅議員の怪我について言えば「どっちもどっち」という面があることを13日の「今日のタックル」に書きました。ところがその後、自民党の馳浩議員がご自分のブログ「はせ日記」5月13日で、その日のエレベーターの中での三宅議員との会話の詳細をバラしてしまったことが物議をかもしています。しかもご丁寧にも「同乗の共産党の宮本たけしさんと世間話」と私の名前が…。

馳さんがここに書いていることは、おおむね事実です。怪我の理由を訊ねた私たちに、「昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって…」「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい…」と三宅さんがおっしゃったことも…。 」
(共産党・宮本代議士)

国会の乱闘なんておよそ段取りまである小芝居なんだけど、今回は民主党の懲罰動議や各党の代議士の発言まで含めてのシナリオが組まれているのかな?
どうもそうじゃなくて舞台上での新人役者のずっこけを、誰かが上手く筋書きに盛り込もうとして、芝居全体に混乱がうまれちゃってるようにも見えます。

新人議員は小沢さんのところより、仲代達矢さんの「無名塾」で勉強したほうがいいかもね。
[PR]
by gqgweb | 2010-05-18 07:03 | ■事件感想

「猛威」

欧州で暴風雨、50人超死亡 フランス西部を直撃

「【ブリュッセル、パリ共同】大西洋で発生した暴風雨が2月28日、欧州西部を直撃しフランス西部を中心に50人以上が死亡、約60人が負傷、十数人が行方不明になった。欧州メディアによると、フランス西部の大西洋岸では風速が時速150キロ以上、波の高さは約8メートルに達した。」

南米では大地震。
日本も含めた太平洋沿岸各国ではその余波の津波に怯えていましたが、
北米は大雪で、欧州は暴風雨でとんでもないことになっている様子です。

風速150kmって、なんだそりゃ。

地球温暖化による異常気象だとかなんだとかごちゃごちゃ言うのは古舘伊知郎あたりにまかせておくことにして、今、こういった自然災害にたまたま巻き込まれていないことに感謝するしかありません。

日本はあらゆる自然災害リスクが、世界の中でも異常なほど高い国ですから。
[PR]
by gqgweb | 2010-03-01 10:23 | ■事件感想