<   2004年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧

blogOT

ブログOTはじめました。

「OT」ブログ。奥田民生さんのブログ。
エキサイトで始めたんですね。

ブログだと「身近」な感じが嬉しいですね。
普段の様子できるだけ伝えてくれるといいなあ。

楽しみです。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-30 16:37 | ■人物感想

ウイルス:2ちゃんねるなどに画像を勝手にアップするタイプ流行

またウイルス。
この通称の、ろくでもなさが泣かせます。

「うちのパソコン昨日ウイルスに感染しちゃってさ。苺きんたまってやつ」
って話すのもなんだか。
まあ、男ならまだしも。

ディスクトップのスクリーンショットがアップされちゃうってのも悲惨ですよね。
重要書類製作中はもちろん、いかがわしい画像鑑賞中とかだったりしたら。

申し訳ない。なんで謝ってんだ。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-29 10:29 | ■噂話感想

ハムスター殺人事件

ハムスター飼い主 かまれた直後発作

怖いです「アナフィラキシーショック」。
うちもハムスターが1匹いるんですが、何度か噛まれてるし。

「花粉症」と「ダニアレルギー」持ってる自分としてもヒトゴトではないです。

この劇的なアレルギー反応に関しては「蜂に刺された時」が有名ですが、
食べ物のアレルギーや天然ゴムなんかでも起こるんですね。
バナナ食べて死んじゃったり風船膨らませて死んじゃったりするって、ヤダもんなあ。

事前に相手の「アレルゲン」を調べておいてアナフィラキシーショック殺人事件起こす
人が出てきてもおかしくないですね。「名探偵コナン」にありそうな話だけど。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-28 12:21 | ■事件感想

さそり座の男

「サソリ6000匹」と36日、世界記録更新

ヌル・マレーナ・ハッサンさん。
いくらギネスブックに載るとは云え、とんでもない挑戦ですね。

「1日に1度15分間だけトイレ休憩で箱の外へ出られた」って、トイレが1日に1度?
どうなってるんでしょう?他の時間にもよおしたら箱の中でしてたんでしょうか。

6069匹、半端だけど尋常じゃない数のサソリ。
これだけいて36日間で17回しか刺されていないっていうのもまた凄い。
僕達が想像しているよりも刺さないもんなのかな、サソリって。

こんな拷問のような挑戦を自ら進んでやってみる人もいるんだなあって考えると、
日々の生活がいかに生ぬるいか・・・・・・って比較する案件ではないわな。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-28 00:18 | ■噂話感想

ホラー映画「感染」に幽霊

その幽霊にギャラは出るのか?

よくある「話題作り」の可能性が高いですね。

問題は「鳥インフルエンザ」が人から人へ「感染」したかもしれない事例が報告された後の
この冬、インフルエンザやサーズのような感染症で死者が出始めたら自粛になるんじゃな
いかと思われる映画タイトルです。
大丈夫でしょうか?

「幽霊」よりもこっちの方が↓若干怖いですね。
直径5キロの小惑星接近 29日、155万キロまで

 
[PR]
by gqgweb | 2004-09-27 09:29 | ■噂話感想

食欲の秋、いま一番食べたいものは?

山盛りの「栗」が食べたいですね。できれば自分で拾って。
もちろん「サンマ」もいいですね。できれば銚子の市場まで買いに行って。

近所の直売所には生の落花生が売られているので、
これを塩茹でにしたやわらかいピーナッツはなかなか美味しいです。

季節的に最高なのはキノコなんですが、近くの林に群生していても今ひとつ同定に
自信がないので収穫して食べる事があんまりありません。
キノコ図鑑持って行っても区別が難しいものが多くて。

キノコに「超」詳しいって、ちょっと良いかもしれないですね。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-26 18:04 | ■食味感想

哀しき横綱

k-1グランプリ。曙はKO負け。
相手は王者レミー・ボンヤスキー。

試合を観ていて思ったんですが、曙は何の為に戦っているのでしょうか?

マイティー・モーのように試合を楽しんでいるようなところも見られないし、
ガオグライ・ゲーンノラシンのような「誇り」も感じられない。

「輪島」や「双羽黒」の例も考えると、「横綱」は引退後「格闘家」に転向しても
あまりうまくいかないようですね。
やっぱり「親方」になるのが一番なのかなあ。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-25 22:43 | ■人物感想

野丼?廼呑?乃鈍?

ノドン「いつでも発射可能」 米当局が見解、実射も想定

蘆洞(Nodong)。自走式発射機搭載型中距離弾道ミサイル。
最大射程約1300Km。先端部分には核、生物、化学兵器等800Kg搭載可能。

果たして発射するのか?しないのか?
外交駆け引きのひとつなのか。

チンピラみたいに凶器チラつかせての物言いはどうなのか?

相手が金も武器も取り巻きも豊富なマフィア(アメリカ)なんだから
逆効果じゃないのか?

どうする「ギター侍」ニッポン!
切腹か?
[PR]
by gqgweb | 2004-09-24 19:48 | ■噂話感想

量子テレポーテーションに成功…東大チーム

「量子力学的な情報が、別の光子に瞬時に乗り移る。送信者の手元で情報が消え、
受信者側に現れるという不思議な現象」って、あいかわらず日常の感覚を簡単に超える
量子の世界。

解らないなりに量子物理学関連の雑記を時々読むんですが、はっきり言って
「わかりやすく」書いてくれてある内容でも「?」の部分がどんどん積み重なってゆくのです。

観察者が存在して初めてそこに存在する「量子」。
以前も書きましたが、それはなにか「宗教」や「哲学」みたいな領域じゃないのか?

でもこうして「技術」として応用され始めると、これからどうなっていくのか興味ばかりが
沸いてしまいます。

たぶん、いつか、「過去」に向けて、「情報」だけなら送信出来る日が来るのではないか。
そして、それを受信してしまった人がいるのではないか、って気が、なんとなくするんです。
あらゆる時代を超えて。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-23 23:20 | ■噂話感想

江口&京香で「戦国自衛隊」 物語一新で26年ぶり“復活”

前作が作られたのは「角川映画」が勢いに乗り始めた頃。
薬師丸ひろ子が若武者役でちょっとだけ出演したりして話題になってましたよね。
確か「セーラー服と機関銃」以前の映画だったはず。

千葉真一や渡瀬恒彦、夏木勲なんかが出演していて結構豪華でした。

今回「角川グループ創立60周年記念作品」として何故「戦国自衛隊」が選ばれたのかは
謎ですが、陸上自衛隊が全面協力って事でちょっと楽しみです。

手塚昌明氏はゴジラ監督ですね。
記念作品監督にこの人が選ばれた理由も謎。
[PR]
by gqgweb | 2004-09-22 09:23 | ■映画感想