<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

<メール問題>送受信者は同一人物の可能性 民主調査

国会で取り上げる前にこのくらいの事調べておけばよかったのに。

「メールの差出人と受取人が同一人物の可能性が高い」
っていうのが事実なら、まったく手の込んでいない偽物だった事になりそうですね。
油性ペンで「HERMES」って描かれた偽ブランド品みたいなあからさまな偽物。
ショボン・・。

「仮に(メールに)多少の加工があったとしても、内容にはかなり真実性を感じられる」
っていう野田さんの発言も、それはまたそれで問題が出てきちゃいそうですね。

この一連の流れは「民主党」が政権与党になった場合の事を考えると、
ちょっと怖い事になりそうです。
「偽情報を元に強権を発動しかねない。」
むやみやたらに発言しているとそう思われてしまうかもしれません。

たとえば共産党とか社民党とか他の野党から、この問題についてのコメントってあったんでしたっけ?詳しく新聞とか調べていないので判らないんですが、「あやふやな情報に基づく国政調査権の発動」に関して、どういう意見なのか、ちょっと聞いてみたいです。

永田議員に「堀江メール情報」を提供した男の正体
[PR]
by gqgweb | 2006-02-27 14:00 | ■事件感想

「40歳の地図」

昨日「不惑」に入りました。
「前厄」でもあるけど(笑)。

せっかくなのであらためて同じ年にどんな人が生まれたのか調べてみました

小泉今日子
石黒賢
大槻ケンヂ
宮沢和史
薬丸裕英
今田耕司
野村萬斎
松本明子
長嶋一茂
ジャネット・ジャクソン
森尾由美
マイク・タイソン
大坪千夏
永瀬正敏
アンタッチャブル柴田英嗣
スガシカオ
斉藤由貴
秋篠宮紀子妃
彦摩呂
スタニスラフ・ブーニン
高嶋政伸
見栄晴
ソフィー・マルソー
有森裕子
国生さゆり
トータス松本

まだ沢山いますけれど、とりあえず同じ歳だと思える人と「へぇ」って思う人がいるもんですね。

そういえば尾崎豊は1965年生まれで学年が同じなんですけれど、生きてたらやっぱり40歳。早熟タイプの場合、夭折しちゃうことが悪いとばかりもいえない感じもしますね。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-26 12:04 | ■日常感想

中古パソコンの貿易規制 香港と共同で指針を策定

日曜日になると中古電気製品を回収するトラックが回ってきます。
通常有料で廃棄しなければならない「エアコン」や「パソコン」「オーディオ」「テレビ」なんかを無料で持っていってくれるわけです。

僕も以前いらなくなったパソコンとテレビを持っていってもらったことがありました。
その時
「回収したものはリサイクルショップで売るんですか?」
って聞いてみたんですが
「輸出業者のところに持っていくんですよ」
って話でした。なるほど、そういうことだったんだ。

こういった中古品が海外で「環境汚染を引き起こすゴミ」になっているとしたら、これは確かに問題ですね。

でも、実生活のなかで「PSE法(電気用品安全法)」や「中古パソコンの貿易規制」が始まると、電気製品関係の処分にはずいぶん影響が出てくるんじゃないかと思います。

近所の森の中をサイクリングしていると、冷蔵庫やテレビ、自動車なんかがぐちゃぐちゃに捨てられている光景によく出会います。
流れ出た油でギトギトになって枯れている草木を見ると、なんだかやりきれない気持ちになります。

不法投棄されず、物がきちんと循環する仕組みが見つかるといいですね。
「江戸時代」は比較的上手に回っていたようですけれど。

その話はまた今度。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-24 09:55 | ■日常感想

「基本は国民主権です」

永田氏が議員辞職の意向 送金指示メール問題

やれやれ(村上春樹じゃないけれど)。

「民主党」内部はどうやらそうとうガタガタになっている様子ですね。
いろいろなところで民主党の人達が発言していますが、ちょっとどうかと思うような事ばかり話していて、周りは誰も注意しないんでしょうか?注意しないんでしょうねきっと。

仕事柄「議員」とお会いする機会も多いんですけれど、選挙期間中以外は周辺にいる人達から「先生のおっしゃる通りです、国民もそう思ってますよ」みたいな事ばっかり言われてて、勘違いしちゃってる人が多いんでしょうね。可哀想ですね。

よく言われているけれど、今民主党に足りないのは適切なリーダーなんじゃないかと思います(いないですね)。
一応「党」と名乗っているからには、ある程度ちゃんとしたリーダーのもと意思の結束が無ければ、選挙対策利害だけの寄り合い所帯のままだと存在しながらにして崩壊みたいな事になりかねないです(もうなってるのかも)。

強力な与党に対抗するにしては、あまりにもお粗末な状態。
「電気用品安全法実施問題」みたいなのもあるんですから、しっかりして欲しいです代議士。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-23 16:37 | ■噂話感想

「てがみ」

メール打ちすぎで障害:英国だけで年間380万人

「イギリスでは約12%の人が1日当たり1~20通の携帯メールを発信しており、10%の人はそれ以上、多い場合は100通を打ち込んでいる。このため、同じ動作の繰り返しすぎでRSI(反復運動過多損傷)となり、指や手首にしびれ、痛みを感じる人が増えているという。」

そういえば今ほど多くの人が電話かけたり手紙(e-mail)書いたりしている時代もないかもしれませんね。

僕は10代後半、まだメールも携帯電話も無い時代、ずいぶん手紙を書きましたが(確か一月に400字詰原稿用紙で500枚以上)今では普通にそのくらいメール送っている人いますもんね。

いつのまにか当たり前のようにみんなが手紙を書いている時代。

考えてみたらこれは凄いことです。



つきよのうみに
いちまいの
てがみをながして
やりました

つきのひかりに
てらされて
てがみはあおく
なるでしょう

ひとがさかなと
よぶものは
みんなだれかの
てがみです

・・・寺山修司
[PR]
by gqgweb | 2006-02-23 10:48 | ■噂話感想

23時まで仕事を続けてマグカップにコーヒーを注ぐついでにテレビをつけたら「GOING UNDER GROUND」のコンサートがやっていました。NHKBS。

なんだか全部見ちゃいましたよ。
曲がどれも本当に気持ち良かったです。
しばらく余計な事忘れて聴いてました。

彼らのアルバムちょっとだいぶ欲しいですね。

最近仕事中にかかっているのは
Emilia
Ebbaforsberg
奥田民生
Mr.Children
渡辺美里
Southern All Stars
Enya
かぐや姫
QUEEN
ケツメイシ

アルバムが欲しいのは
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Rob Thomas
平原 綾香
Keith Urban

まあ、あいかわらずいろいろですね。
あ、これも聴いてみたいです。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-22 01:12 | ■音楽感想

「@」

<堀江メール>平沢氏も独自に入手 黒塗り記号は「@」

世の中には大量の「偽情報」「怪文書」が飛び交っています。
やっかいなのはその中に「ホンモノ」の情報が混ざっている場合があるという事。
だからそれらを取り扱う場合、細心の注意が必要です。

最近身近にあるのが「偽メール系」ですね。
「ペットショップが潰れて子犬が沢山余って困ってます」とか「手術の血が足りない」とか「メールがどこまで続くかテレビ番組の企画だから協力して」とか「メールソフトベータ版の試験お願いします」とかそういったもの。「アダルトサイト利用料払ってくれ」っていう振り込め詐欺なんかもそうですね。

あたりまえだけれど、そういうものって意外と身近な「信頼できる人」から回ってくる事も多いわけです。その回してきた人が偽情報を信じちゃってて騙されてる場合があるから。

で、騙されてしまう側も馬鹿な人ばっかりってわけではなくて、巧妙なものは誰でも罠に嵌る場合があるわけです。過去多くの政財界の人達が騙されてきた「M資金」なんかはそうですね。だいたい「詐欺師」を専門に騙す「詐欺師」もいたりするわけですから、これはもうあらゆるトラップを見破るのは不可能に近いです。

以前僕のいた会社でも、トップが「永久機関」の企画書と投資話を信じてしまっていて、説得するのが大変だった事がありました。今時まさか「永久機関」信じちゃう人がいるとは思いませんでしたが、見せてもらった企画書はそれなりに信じてもおかしくないような内容。もちろん「永久機関」とは明記されてませんでしたが。

その情報も、とあるちゃんとした会社のトップからの話だったのでなおさら信じちゃったようです。後「偽物」だって事が判明してよかったんですけれど。

今回のこの「堀江メール」は、それでも疑問点が多すぎる類なので、どうなんでしょう?

一応情報のプロ「ジャーナリスト」から国会議員に流されたネタですから、普通の人がチェーンメールで「騙されてました」って言うのと同じわけにはいかないでしょうね。

そのうち
「首相はウンモ星人に操られているっていう内部告発メールがここにあるが本当か!」
なんて言い出す議員が出てきたりしてね。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-21 11:32 | ■事件感想

「宣戦布告」

「制裁なら物理的対応」 北朝鮮がけん制

上記のニュースを読んでいて単純に思った事なんですが、日本は正式に他国から「宣戦布告」を受けた場合、どういった対応をとる体制になっているんでしょうか?

僕はそのあたりあんまり詳しくないので良くわからないんだけれど、相手がある事なので可能性は十分あるわけですよね。

で、ちょっと調べてみました。

Wikipediaによると
宣戦布告(せんせんふこく)は、国家間で行われる外交上の通告の一つ。開戦宣言、戦争宣言とも呼ばれる。相手の国との交戦状態に入ることの通告が目的というより、自国民や中立国に特定の相手国と戦争状態に入ることを知らせることが目的であることのほうが多い。従って、開戦通知を含む場合と含まない場合がある。」
「日本の憲法における宣戦布告
大日本帝国憲法は第十三条で「天皇ハ戰ヲ宣シ和ヲ講シ及諸般ノ條約ヲ締結ス」と規定しており、天皇大権の一つであった。日本国憲法は第九条で戦争放棄を謳っており、当然宣戦布告に関する規定はない。」

そうなのか・・・・。

でもどうやら
「独立国家として「自衛のための武装、戦い」は違憲とならないという見方が定説」って事のようです(「正論」平成17年2月号)。

「天災」とか「戦争」って起こって欲しくは無いけれど、世界中で常に起きている事なので、「無い事」にしてやり過ごせない問題ではありますね。国家としてちゃんと考えておかなければならない事のひとつでしょうね。

それから
「宣戦布告が行われない国家間の武力衝突は事変あるいは紛争と呼ばれ、国際法上の戦争とは区別される。」
ああ、「事変」とか「紛争」とかってそういった基準だったんだ。
って事は「フォークランド紛争」とか「満州事変」とかって言うのは「宣戦布告」が無かったってことなんですね。

なるほど、今まで知りませんでした。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-19 20:51 | ■噂話感想

「ナイスガイ」

俳優・吉田栄作がデビュー18年目にしての初舞台に挑戦!!

吉田栄作さんといえば「¥マネーの虎」。
平成不況の真っ只中に踊り出た徒花的人気番組。
昨今の「ライブドア騒動」に通じる不思議で強烈な精力を放出している番組でした。
僕も深夜枠の頃はよく観ていました。

放送当時「虎」側だった社長達も退任させられたり買収されたり倒産しちゃったりさらに事業拡大してたりそれぞれで、経営って大変ですね。

で、吉田栄作さんですが、「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」グランプリ獲得がきっかけでデビューしたんですね。

「ナイスガイ」。
最近「NARUTO」の中でくらいしか聞かない言葉ですね。
いそうだけどなかなかいないナイスガイ。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-19 09:25 | ■人物感想

ラージヒルに岡部、葛西ら トリノ冬季五輪第9日

もう9日目なんですね。
早いなあ。

今回のオリンピックテレビ観戦での収穫。
「スノーボードクロス」が見ていてとても面白い競技だって知ったこと。
スピードもあるし番狂わせもあるし見所満載でした。

考えてみると冬のオリンピックって、「ジャンプ」する競技がずいぶん沢山ありますよね。
僕なんかの日常にはありえないジャンプがスキーでもスノボでもスケートでも披露されるから、ただただスゲーなーと思いながら観ています。

そういえば大人になってから跳躍系の動きって、しなくなったなぁ。
[PR]
by gqgweb | 2006-02-18 19:07 | ■催事感想