<   2006年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

力士が泥棒逮捕の大金星 相撲部屋に男が侵入

出羽海部屋の合宿所に男が侵入、帰ってきた幕下力士出羽の郷(35)が見つけ、取り押さえた。

出羽海部屋

出羽の郷秀之
出羽の郷 秀之(でわのさと ひでゆき、1970年11月22日生)は埼玉県三郷市出身の大相撲力士。出羽海部屋所属。本名は川原 秀之(かわはら ひでゆき)。身長180㎝、体重131kg。現在の自己最高位は東十両14枚目(2005年5月場所)。『ウィキペディア(Wikipedia)』

相撲の合宿所に間違えて侵入するとは、ツイてないですね。

空手道場や暴力団事務所なんかも、間違えて泥棒に入ったりすると大変そうです。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-31 11:43 | ■事件感想

08年7月までに導入完了 成人識別のたばこ自販機

導入後は、自販機のセンサーに顔写真付き「たばこカード」をかざさないと買えない仕組みとなる。

なるほど。

って事は今後
●顔写真付き「アルコールカード」をかざさないと買えない酒の自動販売機
●顔写真付き「エロ本カード」をかざさないと買えない18禁雑誌自動販売機
なんていうのも順次出てきそうな感じですね。

ものすごく進化していく自販機なんですけれど、これは気をつけないと自販機を壊して盗み出す事件がやたら発生しそうな予感もします。装置が高価なほど破壊された場合の損害も大きいですから内蔵監視カメラなんかももちろん付くのでしょうけれど(で、さらに壊されると大変度が増す)。

結局禁止すればするほどなんとかして吸ってやろうって思う人間も多いので、抑止になるのかどうかは疑問な感じがしますけれどね。

僕はタバコを吸いませんが、個人的には最近の「嫌煙」ムードはなんだかあまり好きではないです。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-31 00:44 | ■噂話感想

「別のお勉強」をしているところを見つかっちゃった……

フランクフルト警察は「娘はボーイフレンドとベッドの中にいました。どうやら学校の勉強とは別のことを学んでいたようです」と発表した。

さすがフランクフルト。
ソーセージの本場だけありますね(スミマセン)。

それにしてもドイツのこんなささいなニュースが読める時代になったとは。
それがビックリです。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-30 10:26 | ■事件感想

<ウィニー>住基ネット情報流出 北海道斜里町職員PCから

僕は「住民基本台帳カード」を持っています。
顔写真付きで住所氏名生年月日なんかが記載されているICカードです。

運転免許証を持っていないので、今まで身分証明はパスポートを使っていました。でもパスポートを普段持ち歩くのってなんだかなぁ、と思っていたので、このカードはちょうどいいです。

僕が数年前取得しに行った時、役所のほうでもそんなに発行しているものでもないらしくて、結構手続きにまごついていました。

それからいろんな契約等の場面でこのカード提示していますが、なんだかあんまり普及していないみたいで、なんだろうこれみたいな人も時々います。

そもそも住民が便利になる、セキュリティーは万全ってうたい文句で始まった住基ネットですけれど、当初から反対意見が多かったように、人がかかわる以上情報漏れが無いなんてありえないわけで、今回の事件はいつか起こるはずの出来事だったわけですね。

まあカードを持とうが持つまいが登録されてしまっているので、なるだけ無駄なく活用した方がいいので使っていますけれど、なんだか困った話ですね。

個人情報が保護されるようになった現在のほうが、むしろ個人情報が漏れまくっているという皮肉。

個人情報は晒されていてあたりまえくらいに思っていないと、やってられない時代のようです。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-29 11:44 | ■事件感想

「ある妻の死」

姉歯元建築士の妻がマンションから飛び降り死亡

「共同通信社Webサイトの速報、ならびに各社テレビ局の報道によれば、千葉県市川市のマンション駐車場で、耐震強度偽装問題の姉歯秀次元建築士の妻が遺体で発見された。県警は妻がマンションから飛び降り自殺したものとみている。」

死ななくていい人の死。
辛かったんでしょうね。

「耐震強度偽装問題」は「建築」というものの根本的な部分が「駄目」になっているわけで、
一人の人がどうこうと云った次元の話ではなくなっているのに。

残念な事件です。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-28 16:55 | ■事件感想

「標的」

<米同時テロ>5機目の旅客機をホワイトハウスへ 被告供述

「9.11」のあの日、もしホワイトハウスにまで旅客機が突っ込んでいたら、世界は今どうなっていたんでしょうね。

アメリカの場合、世界貿易センタービルやペンタゴンなんかがある程度離れた場所にあるからまだしも、日本が狙われた場合は中枢機関が東京に集中しすぎていて危険ですね。

ホワイトハウスのかわりに狙われるのは首相官邸っていうよりは国会議事堂でしょう。
ペンタゴンのかわりは防衛庁になるんでしょうか。
民心への揺さぶりとして、東京タワーや六本木ヒルズ、皇居なんかも狙われそうですね。
都庁や羽田空港なんかも危ない。

とにかく毒ガスにしろ旅客機特攻にしろ時限爆弾にしろ、これだけ1箇所に集まっていると破壊、制圧が簡単に出来てしまいます。

「ありえない」なんて思っていると大変な事になるかもしれませんね。
対策は考えておいたほうがいいのかもしれません。

「地下鉄サリン」や「9.11」のテロの事だって、誰も「ありえる」とは思っていなかったのですから。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-28 15:06 | ■事件感想

「揺れる想い」

大分・佐伯で震度5弱 西日本一帯で揺れ

「大分県佐伯市で震度5弱、高知県と宮崎県でも震度4を観測した」

さすがに関東地方では揺れを感じませんでした。
数年前から日本列島はゆらゆら揺れてばかりいましたが、ここ数ヶ月大きな揺れがなかったので地震の事、忘れがちでした。
けれど、こういった時が一番危なかったりするんですよね。

東京は新しいビルやマンションがあいかわらず次々建設されています。
いつ大地震起きるでしょうね。

もう、カウントダウンは始まっているはずなんだけれど。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-27 13:39 | ■日常感想

「砂漠の風の中で」

ハーツクライが優勝 競馬のドバイ国際競走

「ドバイシーマクラシック(2400メートル芝、G1)で昨年の有馬記念馬、ハーツクライ(C・ルメール騎乗、橋口弘次郎厩舎(きゅうしゃ))が優勝し、賞金300万ドル(約3億5700万円)を獲得した。」

ハーツクライ 4歳牡 鹿毛
調教師 橋口 弘次郎(栗東)
父    サンデーサイレンス
母    アイリッシュダンス
母父   トニービン
母母   ビユーパーダンス
馬主   社台レースホース
生産者  社台ファーム

04若葉S 1着
04東京優駿 2着
05宝塚記念 2着
05ジャパンC 2着
05有馬記念 1着


成績を見るとけして悪くない馬なのに、キングカメハメハやディープインパクトっていう、それこそインパクトの強いライバル馬達が存在したために影が薄くなりがちだったハーツクライ。

昨年の有馬記念でディープインパクトの「無敗4冠」を崩して、ある意味世間の「変な期待」を破ってしまったハーツクライ。

まさかドバイのG1で初めて勝つのがこの馬になるとは思いもよりませんでした。

すばらしいですハーツクライ。
日本ではディープインパクトが頑張ってます。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-26 09:34 | ■催事感想

「下落合狸合戦」

<タヌキの森>安住の地追われるピンチに 東京・新宿

新宿区にタヌキなんているんですね。びっくり。
考えてみれば僕がはじめて野生のタヌキ見たのも一人暮らしをはじめた頃住んでいた「東京都狛江市」だったから、まあ東京=都会ってわけでもないんですけれどね(狛江は自然いっぱいの場所でした)。

そういえば山手線内でも、線路脇の金網の向こう側や橋の下なんかが「小さな自然保護区」状態になっていたりすることがあります。なかなか人が入り込めない場所で元気に咲いている野草なんかがあったりして、ささやかだけどなんだか楽しい気持ちになったりします。

まったく関係ないのですけれど、電車から見える風景について。

東海道新幹線で途中静岡あたりに、こんもりして感じのいいお茶畑が列車のすぐ近くに見える場所があるとおもうのですけれど(最近新幹線に乗っていないのでまだその場所があるのかはわからないのです)、あれって実際はどこなんでしょう?いつもものすごいスピードで通過してしまう場所なんで、見ることが出来ても行く事がなかなか出来ない夢の中の風景みたいな感じになっちゃってます。なんか雰囲気が日本昔話みたいな所で、晴れた日なんかは気持ちよさそうなんだよなあ。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-25 20:54 | ■噂話感想

「崩れ行く法律」

中古家電の事後検査認める PSEマークで経産省

経産省はマークなしで顧客に引き渡した時点では、マークを付ける必要のない「レンタル」と解釈。業者が検査し、マークを付けた時点で「販売」と見なす。

これはなんていうか経済産業省自らこの法律の抜け穴を利用しているような変な話になってしまいましたね。今後この法律で罰則がかかってきた場合、この最初の不備が影響を及ぼしそうな感じがします。

PSE法をはじめて知った時の衝撃からはずいぶん感じ方が変わってきていますが、理解しにくい法律はあんまり作って欲しく無いです。きちんと立法の段階でチェックしていなかったのも悪いのかもしれないけれど。
[PR]
by gqgweb | 2006-03-24 21:30 | ■噂話感想