<   2006年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

「悲劇の島」

<ジャワ中部地震>死者数は5427人に 遅れる健康支援

被災地では28日夜の激しい雨や風に加え、避難所生活の疲れから健康状態を悪化させる被災者も出始めており、幼い子どもや高齢者らの衛生面、医療面での支援拡充が求められている。

別の記事ですがインドネシアで6人の新たな鳥インフルエンザ感染を確認=WHO
「 [ジャカルタ 29日 ロイター] 世界保健機関(WHO)は、インドネシアで新たに6人の鳥インフルエンザ感染を確認し、このうち3人が死亡したと発表した。
 これにより、WHOが確認している世界の鳥インフルエンザによる死者は10カ国で合計127人、感染者数は224人となった。


混乱と絶望の中で、人々を脅かす新たな伝染病が拡がらない事を願うばかりです。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-30 16:15 | ■事件感想

「模写修行」

2人の絵、並べて展示を 伊画家の弁護士が提案

スギ氏の友人の弁護士は「(和田氏の行為は)イタリアでも、日本でも犯罪だ。スギ氏の展覧会を開き、できれば、和田氏の絵の出来の悪さを示すために2人の絵を並べてほしい」と話した。

イタリアのメディアでもぼちぼち取り上げられ始めたようです。
この弁護士のいうような展覧会が開かれれば、かなり多くの来場者があるでしょうね。
今まで開かれていた和田氏本人の展覧会よりは盛況になることでしょう。

しかし、それにしても「絵画」っていうものが如何に「名前」で鑑賞されているかがよくわかるニュースですよね。
模写のような作品を展覧会で観ながら
「素晴らしいわね」
なんて会話もあったと思われるし、
和田氏は今春、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。受賞対象作には、スギ氏の絵に酷似する絵が多数含まれていた。賞は文化庁が主管している。
ってわけですから。

とにかくこの問題の決着がきちんとつくといいです。
今後、日本洋画界の評価や著作権問題にも大きくかかわってくる事ですから。


コピーされてしまったalbertosughi氏のサイト→http://www.albertosughi.com/
[PR]
by gqgweb | 2006-05-30 10:00 | ■絵画感想

「モノマネ芸人」

<盗作疑惑>洋画家・和田氏の受賞作、伊画家の作品に酷似

酷似している作品は、同展のもので数点あり、同展以外のものも含めると十数点に上るという。

ニュースで作品を見ました。

「似ている」っていうよりも同じでした。
ここにも1枚載ってます。→asahi.com

和田氏は「1970年代にイタリアに留学して以来、スギ氏とは長い付き合いで、留学当時は一緒に習作やデッサンをして芸術的な影響も受けたが、盗作ではない」と説明したという。

モチーフが同じだったといっても、これ程似てしまう事はないでしょう。
まねられてしまったアルベルト・スギさんも
そういう作品を作っているとは知らなかった。盗作だ
って話しているようだし。

洋画の世界ではかなりの方のようなので、関係者もずいぶん困惑しているみたいですけれど、こうなってしまうとどうしようもないですね。

文化庁も調査を始めたようです。

これまでにも「末次由紀氏スラムダンク盗作事件」や「安倍なつみエッセー事件」「杉村太蔵議員BLOG文章盗作疑惑」なんていうのがありましたが、今回の事件はどちらかというと「ゴットハンド藤村新一氏旧石器捏造事件」を思い出させますね。

ある世界での権威が犯した過ちとして。

なんかちょっと寂しい事件です。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-29 13:42 | ■事件感想

「増え続ける犠牲者」

<ジャワ中部地震>死者約4200人 余震は450回に

地震のため、世界遺産のヒンズー教遺跡群、プランバナンでは、聖堂の一つが倒壊した。同寺院は16世紀の大地震で崩壊し、1937年から修復が続けられていた。

遺跡が倒壊し、街や村が消滅する。
繰り返される余震。

政府当局者は「犠牲者は今後も増え続けるだろう」と嘆いた。

思った通りというか、今日
南太平洋のパプアニューギニア沖とトンガ沖で28日、それぞれマグニチュード(M)6・2と6・7の強い地震が相次いで発生

プレートのふちを辿って行くと、何故か日本を挟んで上下に揺れが起こっています。
もしかするとプレートが入り組んでいる日本の下では各プレート同士が押えあってしまい、一時的にエネルギーを溜め込んで反動が起きていない可能性があります。
IRIS

だとすると、次に来る地震はとてつもない規模になってしまう可能性がありますね。
日本の、どの場所で、最初の「跳ね上がり」が起きてしまうのかは判りませんが。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-28 22:19 | ■事件感想

「サムソンとデリラ」

Excite エキサイト : スポーツニュース

1番人気の皐月賞馬・メイショウサムソンが優勝し、クラシック2冠を達成。

今年も2冠馬が誕生しましたね。
戦国ダービーかと思われましたがトライアル同様アドマイヤメインが逃げ、3着までは外さないドリームパスポートが3着。皐月賞馬メイショウサムソンが1着。結果的には納得です。

オペラハウスの仔といえばあの「テイエムオペラオー」がいるので、これからの活躍が楽しみですね。ディープインパクトよりは地味だけれど、オペラハウスの持つタフさが伝わっていれば、先輩馬達ととてつもない名勝負を繰り広げてくれるかもしれません。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-28 21:59 | ■催事感想

「G線上のアリア」

地震の死者3千5百人に 国際社会の救援活動本格化

報道が繰り返されるたびに死者数が増えていきます。
津波の時もそうだったのですが、巨大な自然災害発生時毎回繰り返される情報の混乱と被災地の惨状。

この地図をみてみると↓
IRIS

今回の震源付近では最近非常に活発に地震が起きている事がわかります。
そして日本は北から南まで「地震」に覆い尽くされていますね。
知ってはいますがまさにプレートの境界線がそのまま国土になってしまっているんですね。

テーブルの縁を揺さぶればそのテーブルの他の縁も揺れてしまうように、近々日本にも大きな地震が来るでしょう。

地震のメカニズムは確かにそんな簡単なものじゃないっていう話もありますが、何億円かけて研究しても新潟や神戸の時予報すら出来ない現状では、そんな単純な話から考えて備えておかなければならないのが、ホントのところです。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-28 11:15 | ■噂話感想

「プレート崩壊」

インドネシアのジャワ島で強い地震、少なくとも193人が死亡

マグニチュード6.2。
インドネシア・ジャワ島のジョクジャカルタ周辺で27日に地震が発生
ジョクジャカルタは、今月に入って火山活動が活発化しているムラピ山の近くに位置するが、現地の火山学者らは今回の地震について、火山活動によるものではないとみている。

追加
<ジャワ島地震>2700人超える死者 増える可能性

1箇所が動けば他の個所も動くのが道理。

日本もまもなく揺れるでしょうね。


日本沈没まであと49日
[PR]
by gqgweb | 2006-05-27 18:37 | ■事件感想

ゴミ缶消失の謎

バーに勤務するアダム・マッケルさんは「店の近くにあったゴミ缶が、ある日、突然、消えちゃいました。謎です」と語った。

ある日突然「下水の蓋」が無くなっている。自宅の「門」が消失している。
工事で使う「建材」が盗まれる。
そんな事件が日本でも報道されていましたね。

海の向こうでも同じような事件が起こっているようです。

どろぼうたちは、缶をどこかで溶かして、手早くもうけるためにくず鉄として売り払っているかもしれない、というのが市当局者の推測だ。

はたして盗んだ鉄製品を換金した金額が、盗み出す為の経費(運ぶ為のガソリン代等)や捕まった場合のリスクと比べてみて、釣り合いが取れているのか考えてみると、なんだか割に合わないんじゃないかなあと思うのだけれど、どうなんですかね。
犯人はそんな事まで考えていないのかもしれないですけれど。

街から「ゴミ缶」が消え続ける、っていうなんとなく不条理な現象。

これが「どろぼう」の仕業じゃないとしたら、
ちょっと謎めいていて面白いんだけど(面白がってちゃダメですが)。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-26 10:08 | ■事件感想

「東京優駿」

いよいよ28日
「日本ダービー」です。

セントライト、クリフジ、シンザン、タケホープ、カツラノハイセイコ、ミスターシービー、シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、ナリタブライアン、スペシャルウィーク、ジャングルポケット、キングカメハメハ、ディープインパクト・・・

考えただけでも眩暈がするような歴代ダービー馬達。もちろんこの他のダービー馬も素晴らしい馬ばかりです。

第73回の今年はどんな馬が先頭でゴールするのでしょう。

皐月賞馬のメイショウサムソン、NHKマイルカップ馬ロジック、青葉賞で逃げ切ったアドマイヤメイン、セレクトセールで3億3000万円ついたフサイチジャンク、武豊騎乗のアドマイヤムーン、良血馬トーホウアラン、安定した実力馬ドリームパスポート、クロフネ初年度産駒のフサイチリシャール・・・
他の馬達も万全な体制でレースに出場してくる事でしょう。

はっきりいって今回も予想がとても難しそうです。
雨でも降っていたら予想外の馬がトップでとびこんでくるかもしれませんね。

ダービーまでちょっとブログのスキンも変更。
[PR]
by gqgweb | 2006-05-25 21:21 | ■催事感想

「潜伏暴力」

日本での米国施設への攻撃を警戒=米国大使館

駐日米国大使館は24日、日本における米国の施設が攻撃を受ける恐れがあるとして、日本に滞在する米国民に警戒を呼びかけた。

日本国内にある米国の施設っていうのは
「アメリカ大使館」や「米軍基地」の事なのでしょうか?
通信社や米国企業も含まれているのでしょうか?

狙っているのは誰なのでしょうか?
アルカイダ?
イスラム教系の過激な他のテロ組織?
それともまったく違う系統のテログループ?

日本は欧州や米国のような大規模テロが最近は起きていませんが、もし引き起こされたら大混乱になるでしょうね。被害が周辺に広がった場合国防の根幹が再議論される騒ぎになるでしょう。

本当、大丈夫かな?
[PR]
by gqgweb | 2006-05-25 09:32 | ■噂話感想