<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「肛門の怪」

朝、目が覚めると肛門に電球が入っていた!?

パキスタンの刑務所に服役しているファテ・ムハマンドが目を覚ますと、肛門の中に電球が入っていた。[ムルタン 29日 ロイター] 」

朝目覚めると肛門に入っていたら嫌なもの。

●電球
●ゴルフボール
●タクアン
●リカちゃん人形
●麻雀牌
●ハムスター
●ダビンチ・コード

っていうか、朝目が覚めて肛門に何が入ってたって嫌ですよ、考えてみたら。

「目が覚めると、下腹部に痛みを感じました。病院で検査を行い事実を伝えられたのです。誰がやったのかは分かりません。看守か囚人です」

医師にとっても、こんなケースは初めてだそうで、誰かがムハマンドに一服盛り、昏睡状態にして電球を肛門に押し込んだという話は疑わしいという。


こりゃあ、瞬間接着剤で指をくっつけちゃったり、鼻の穴にビー球詰めて取れなくなったり、指輪を無理やりはめて外れなくなったりした人達と同じような話みたいな感じがしますね。

刑務所の中の密かな楽しみ?

「なんじらのうえに平安あれ」
[PR]
by gqgweb | 2006-06-30 12:07 | ■噂話感想

<女子大生誘拐>3容疑者、広域強盗団メンバーか

関東を中心に広範に活動する大規模強盗団のメンバーだった疑いが強いことが、警察当局の調べで分かった

先日も書きましたけれど
「黒社会」
この「犯罪組織」はなかなかやっかいで、今回の容疑者も「サッポロビール園強盗傷害事件」「市川強盗事件」「静岡県現金輸送車強盗事件」に関与しているとみられる、ってありながら今まで逮捕されていなかった。

始めの報道を聞いて「マヌケな誘拐犯」みたいな印象が強いんですけれど、かなり凶悪でしかも各地にはびこっている犯罪ネットワークです。

メンバーの一人は「内紛で殺された人もいる」と供述している。

知らないうちに殺人事件まで起きている。

仮面ライダーのショッカー(古)と同じで、いくら「戦闘員」や「怪人」を倒しても、「幹部」や「首領」のところまで壊滅しないとこの組織も滅びない事でしょう。

アメーバのように形をすぐ変えることのできる「多国籍」犯罪ネット。
たとえば東京を中心に埼玉、神奈川、千葉、茨城なんかには普段普通に生活して潜伏している犯罪組織メンバーがかなりいると言われています。

今回の事件がなければこの流動的でやっかいな組織について報道される事もなかったでしょう。

日本の暴力団とも連携しているこの手の「闇組織」に対しては、芸能界を抱え込んでいる放送業界にとってちょと鬼門みたいなところがあります。

どこのテレビ局がしっかり「真相」に迫れるでしょうね。
無理かな。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-29 10:14 | ■事件感想

「蒸し風呂」

<真夏日>東京・大手町で今年初 各地で最高気温

とにかくモー暑かった。
しっとり空気が湿っているのもなんか気持ち悪いし。

銭湯にでも飛び込んで一風呂浴びたい気分でした。

グッとビールが飲みたいところだけど、買い置きがないです。
とほほ。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-28 21:19 | ■日常感想

「黒社会」

<女子大生誘拐>母親は「カリスマ美容外科医」TVにも登場

月に1億円稼ぐカリスマ美容外科女医の娘。
午後零時、白昼の渋谷高級住宅地路上での拉致。
誘拐されたのは21歳の女子大生にして化粧品会社の代表取締役。
川崎のマンションでの監禁。
携帯電話から繰り返される3億円の身代金要求。
犯人を追跡する捜査1課。
改造拳銃で負傷する警部補。
そして、逮捕された日本、韓国、中国籍の男達。

Vシネマのような事件です。

ところでこの事件、マスコミは今のところ突っ込んで報道していないようですが、「黒社会」の犯行の可能性が高そうです。アウトソーシングされた3人別々の男達が組織の指示によって行った犯行。

日本の暴力団とも関係がある事件なので、報道(特にテレビ)がどこまで詳しく取材できるかこれから見ものなのですけれど、思っている以上に外国人犯罪組織のネットワークは整ってきているそうです。密入国している外国人の犯罪の場合、警察の捜査にも限界があって、日本から密出国されてしまうと、ほぼ迷宮入りしてしまうらしい。

今回たまたま犯人がマヌケに見えたのも、それぞれ犯人が仲間の事をよく知らなかったのが原因の一つでもあるでしょう。

この手の「裏」が絡んだ大きな事件の場合、ライブドアの野口氏の事件のように曖昧な報道のままうやむやになってしまう事が多いのが問題です。特にフジテレビあたりは奥の奥まで掘り下げての報道は難しいでしょうね。あとはネット上での匿名ライターからの情報か、一部週刊誌の記事を待つしかないかもしれません。

怖い怖い。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-27 13:58 | ■事件感想

「ドド喰う人々」

絶滅鳥ドドの骨の化石発見 モーリシャス

こんなこと言っちゃなんなんですけれど、「ドド」って姿がとても美味しそうなんですよね。
それで捕まって食べられて滅んじゃったわけなんでしょうけれど。
本当に残念です。

何も考えずむしゃむしゃ食べちゃわずに、鶏やウズラみたいに上手に家禽化することができていたら、なかなか素敵なディナー食材になっていたかもしれませんね。

ドドロースト
ドドのパイ包み焼
ドドムネ肉のトマトソース煮
フライドドド

ドドド
[PR]
by gqgweb | 2006-06-26 10:20 | ■噂話感想

元北天佑の二十山親方死去 大関44場所45歳の若さ

千代の富士、北天佑、朝潮、若嶋津なんかが活躍していた頃、
一番よく相撲を観ていました。
そのなかでも僕は北天佑をいつも応援してました。

力が強くて豪快な相撲。
負け越しそうで負け越さない八百長臭漂う角界らしさ。
横綱を期待されながらなることのできなかった哀愁。

亡くなってみれば、まだ45歳だったんですね。

思っていたよりずっと若かったんだ。

さようなら。北天佑。

通算幕内成績 60場所 513勝335敗44休 優2次5殊2敢4技1金3
[PR]
by gqgweb | 2006-06-24 08:46 | ■人物感想

「奈良の謎」

学校方針に反し塾通い 奈良放火殺人の高1長男

2004年11月に起きた、毎日新聞販売店店員による奈良小1女児殺害事件。
2005年4月に逮捕された奈良県平群町の「ひっこーせ!」おばさんの奈良騒音傷害事件。
そして今回の放火殺人事件。

ここのところ奈良県発の目立つニュースがあいついでいますね。

事件や事故っていうのは何故か「地域」や「種類」が一時的に偏る傾向にあるような気がします。そこに何か「力」が働いているのか、単なる偶然なのかは判りませんけれど。

僕にとっての「奈良」のイメージは大仏と鹿。
貧弱な脳ですみません。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-23 22:29 | ■事件感想

「日本の夜明け」

<W杯F組>日本完敗 ブラジルと豪州が決勝Tへ

前半、クロアチアがオーストラリアに1-0で勝っていて、しかも玉田のゴールで日本に1点が入り、もしかすると奇跡が起きるのかな、と思わせる一瞬がありました。

しかし終わってみれば4-1。
オーストラリア対クロアチアも2-2で終了。

F組から決勝トーナメントに進出したのはブラジルとオーストラリアでした。

ブラジルはともかく、クロアチアでも日本でもなくオーストラリアが駒を進めていったわけです。
ヒディンク監督恐るべし。

それにしても、関係ないですが夏至直後だけあって朝が来るのが早いですね。



選手も監督もサポーターの皆さんも、本当にお疲れ様でした。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-23 07:35 | ■催事感想

「カ・イ・カ・ン」

「セーラー服と…」長澤まさみで復活

長澤まさみ版「セーラー服と機関銃」?
いいかもしれませんね。

薬師丸ひろ子はこの「セーラー服と機関銃」の頃から「Wの悲劇(ワールドカップの悲劇ではない)」の頃までが人気の絶頂期だったんじゃないでしょうか?

長澤版はドラマみたいですけれど、この物語と彼女の魅力を凝縮させるなら本当は映画で創ってみて欲しかった気もします。

映画で渡瀬恒彦(61)が演じた佐久間を堤真一(41)、三国連太郎(83)が演じた三大寺を緒形拳(68)が演じる。

脇を固める人達が凄いですね。

後は脚本と演出力。
録画してでも見たくなるような作品に仕上げて欲しいものです。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-22 10:34

日本代表ドルトムント入り ブ戦に向け公式練習

連日のW杯中継。
決勝トーナメントに残っていくチームは素人が見ても強いなあと思わせる試合をしていますね。

いよいよブラジル戦です。

まさにがけっぷち状態の日本ですけれど、明日の朝になれば結果が出ているわけです。

そういえば「急にボールが」きちゃった柳沢選手がニュース映像でもほとんど流れなくなってしまいましたけれど、やっぱり前試合の、あのゴールで批判が集中してしまったからでしょうか。

ワールドカップでの出来事で選手が世の中の罵声を浴びる事になるほど、日本もサッカーが本格的に浸透してきたって事なんでしょうね。
[PR]
by gqgweb | 2006-06-22 09:33 | ■催事感想