「ラッシャー板前」

欽ちゃん球団 スポンサー企業は怒り心頭

信金は酒を飲んだだけだが、アミノの“鬼畜ぶり”は山本に負けず劣らずで、山本と少女を“スワッピング”していたこともわかった。

アミノバリューがスワッピング。
チカラ無い笑いが漏れそうなニュース。

事件当日極楽山本と一緒にいたのが
アミノバリュー藤本(30)
水戸信金肱平(22)

茨城ゴールデンゴールズにはこの他
シーケル仁平、ファミマ経営者募集中佐藤、お~いお茶岩田、しんしん福神漬渡辺といった登録名の選手が在籍している。

タケシ軍団かよって突っ込みが入りそうな名前。

選手の「ネーミングライツ」ですね。
でも人間にこの制度持ち込むと、今回みたいにとんでもない事になっちゃう場合があるんですよね。テレビ報道で彼らの名前が後から出てきたのは、スポンサー絡みの問題があったからかも知れません。

それにしても今回山本は、名前の面白さでも負けてるわけなのか。つらいなあ。

ここ数日、緊迫する中東情勢の他は天地をひっくり返すような速報系ニュースが少ないみたいなので、そろそろ全局が報道一色に染まるような事件や災害が起きてもおかしくない感じです。

気をつけましょう。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-30 23:50 | ■事件感想

「牛に悪気は無いのだ」

米産牛肉輸入を正式決定 半年ぶりに再開

牛肉。

BSEは確かに気になるけれど、そんなことより基準値を超えた
脂肪と尿酸のおかげで健康診断の結果とともにまたしても
「封を開けずに主治医にお渡し下さい」っていう封筒が。

農薬や狂牛を恐れるよりも自らの習慣を恐れよ

と言ったところでしょうか。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-27 17:24 | ■噂話感想

「Synchronicity」

天からのお返し? インドに魚の雨が降る

確か「海辺のカフカ」では中野に魚が降ってましたね。

そういえばこのところ、宮部みゆきの長編小説を続けて読んでいるんですけど、
不思議な事がありました。

「火車」って云う小説の書き出し数ページのところで、登場人物を乗せた電車が雨の中
「中川」を渡るシーンがあります。

僕は電車で移動中にこの小説を読んでいたのですが、その場面にさしかかった時
自分の乗っている電車が鉄橋を越える音に変わったので窓の外を見ると
丁度「中川」を通過しているところでした。そして、外は雨。

ちょっとした偶然にびっくりして、そしてある事に気がついて1ページ戻ってみました。

「制服姿の女子高生の二人連れと、大きなハンドバッグを抱えて居眠りをしている中年女性、運転席に近い先頭のドアのそばで、両耳に突っ込んだイヤーフォンから流れ出る音楽に合わせ、リズミカルに身体を揺すっている若者  一人一人、仔細に顔を見ることができる程度の人数しか乗り合わせていない。」

そう、僕の乗っている車内がこの記述そっくりそのままだったんです。
違ったのはイヤーフォンをつけている若者が「リズミカルに身体を揺すって」いないことだけでした。

なんだか気味が悪かったのですが、小説に出てくるのは「常磐線」で僕の乗っていた路線とは違っていたし、物語とは季節も違っているので、まあ、たまたま何かの加減でそういう「場面」が揃ってしまったんでしょうね。

それにしても奇妙な出来事でした。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-25 01:19 | ■読書感想

「藪の中」

トバッチリを受ける加藤浩次の不運

今回の騒動は依然「藪の中」ですね。
芸能プロダクションとの力関係が崩れ始めているテレビ局の報道は
いまひとつ突っ込みが足りないし。
ネット上やスポーツ新聞にはアヤフヤな憶測が飛び交っているし。

たとえば
●暴力団関係者がからんだ事件である
●茨城ゴールデンゴールズの他のメンバーもいた
●乱交状態だった
●淫行というより強姦だった
●山本は騙されただけだった
●大物タレントが同席していた
なんていうのが主な「噂」です。

真相がはたして正確に表に出てくることがあるのかどうか、
吉本興業の考え方ひとつだとは思うのですが、1人の(2人の)タレント生命に
かかわる問題なので、気になるところです。

シンスケの時はなんとかうやむやに凌いだわけですが、
今回はどうなるでしょうね。

さて。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-24 07:25 | ■噂話感想

「蟷螂」

丸の内に「巨大カマキリ」が出現

丸の内にいましたこのカマキリ。
となりにはカブトムシも。
何故かカブトムシの方が小さい。

全長は5.4メートル

闘ったら負けますね。
本物はロボットみたいにゆっくり動かないだろうし。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-22 16:19 | ■噂話感想

山本出演「東京タワー…」お蔵入りも

残念ですね。
大泉洋主演、どんな風に仕上がっていたのか楽しみでした。
よりによって大泉氏のシマ、北海道で起きた事件でもあり、なにかの因縁でしょうか。

リリー・フランキー氏の同名小説を原作に、今年3月に亡くなった名演出家・久世光彦さん(享年70)が手がける予定で企画がスタートし、久世さんの急逝を受けて一時は白紙にもなった作品。

これでお蔵入りになってしまうと「東京タワー」は「呪われた作品」なんて言い方をされるようになってしまいそうですね。

夏だなぁ。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-21 07:21 | ■噂話感想

<吉本興業>「極楽とんぼ」問題でおわび会見

「許されない反社会的行為。被害者をはじめ関係者におわび申し上げます」吉本興業水上晴司取締役制作・営業統括本部長

暴力団との関係が見え隠れする吉本興業の言葉とは思えませんが。
マスコミも世間も表立ってつつきやすい部分をつついてくるので、
会社もよくわかって行動していますね。

見えにくかったり、闇から大きな圧力をかけてくる相手が存在する場合
見過ごすふりするのは、フェアじゃない気がしますけれど。

極楽とんぼの山本はなんだかんだ言っても悪いわけだし、欽ちゃんのゴールデンゴールズにもさして関心はないのですが、「正義」の言葉に隠れてるもっともっと悪い奴が、特に芸能界周辺には沢山いますよね?僕達が用があるのはそちらの方達です。

雪に白鷺 闇夜に鴉
紛れ 隠れる 悪い奴
正直ものは 阿呆鳥
これじゃあ 理屈に合いません
世の中こんなもんだよと
諦めないで 来て下せい
どこに居ようと 探し出し
必ず仕留めて ご覧に入れやす

・・・必殺仕事人風雲竜虎編
[PR]
by gqgweb | 2006-07-19 23:24 | ■事件感想

「極楽」

「極楽とんぼ」山本圭壱が吉本解雇

吉本解雇?
ホントに?
ドッキリネタ?

吉本解雇されたら仕事どうなるんだろう?
他人事ながら気になります。

それにしてもいつから「芸人」が社会の規範になるような
生活しなくちゃならなくなったんでしょうね。

「品行方正で真面目な芸人」か。
つまんない世の中。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-18 23:03 | ■噂話感想

「南の島の出来事」

ジャワ島沖でM7・2 津波で3人死亡か

またジャワ島沖で大きな地震。

日本で中小規模の地震が起きれば「日本沈没」観客動員数UP。
大規模震災級が発生すれば「日本沈没」上映自粛。

かな?
[PR]
by gqgweb | 2006-07-17 20:45 | ■日常感想

「歌舞伎者」

ピエロ扮装の強盗団が公園を襲う

昨日は水中眼鏡、今日はピエロ。
ピエロの方はアメリカで、凶暴さでもけた違い。

自分が「強盗」するとして、ふさわしい扮装はなんだろう。

「サングラスとマスク」
「女装」
「夜店のヒーローお面」
「チョンマゲカツラ」←顔が丸出しで駄目ですね
「虚無僧」
「歌舞伎隈取」
「パペットマペット」
「ミイラ男風包帯」

「歌舞伎」は話題になりそうだけれど、逃げ切るのが無理そうですね。
[PR]
by gqgweb | 2006-07-16 22:08 | ■事件感想