「月下の棋士」

<将棋>名人戦 森内が防衛、永世名人に 最終局で郷田降す

上の記事を読むと
名人が終身制から実力制に移行して以来、永世名人の資格保持者になったのは木村義雄十四世(名人通算8期)、大山康晴十五世(18期)、中原誠十六世(15期)、谷川浩司十七世(5期)に次いで史上5人目。
なんですね。
羽生善治って永世名人じゃなかったんだ。

この間久しぶりに将棋指したら「銀」の動きを忘れちゃってました。
駄目だなあ。
[PR]
by gqgweb | 2007-06-29 23:07 | ■催事感想

「最近読んだ本」

「人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート」
そうですね。

「水車館の殺人」綾辻行人
とにかく「時計館」までは順番に読んでいくつもり。

「後ろ向き」岸部四郎
つぶやき四郎って感じの本でした。

「またまたへんないきもの」 早川いくを 寺西晃
イラストも文章も素敵です。「へんないきもの」も、もちろん。

「オー・マイ・ガアッ!」 浅田次郎
ラスベガスに本気で行きたくなりました。まだ行ったことがない。

「ムー謎シリーズ タイムトラベルの謎」
「むー」。それでもこの本はまだ「むー」関連ではまともな方なんじゃないか。

「寺山修司から高校生へ 時速100キロの人生相談」寺山修司
この質問をしている高校生達、今いったい何歳くらいなんでしょうね?

「まぼろし旅行記」水木しげる
漫画。とにかく凄いです。「宇宙卵」の終わり方はスゲー。

「霧越邸殺人事件」綾辻行人
これは・・・・京極程ではないけれど厚い。この本を読み終わる頃具合が悪くなった。

「自立日記」辛酸なめ子
ホントに日記でした。

「柳柊二怪奇画帖 」柳柊二 大橋博之
画集です。こういう画って描いてみたいけどデッサンがあやふやで根気の無い自分には難しい。

「ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第」関暁夫
都市伝説先生ってハローバイバイの人だったんだ。

「異邦の騎士 改訂完全版」島田荘司
そういえば福岡で記憶喪失の男性がつぎつぎ見つかったらしいですね。謎ですね。

「猫に時間の流れる」保坂和志
あんまりなんでもない話なんでかえって記憶に残っちゃいます。

以上。
[PR]
by gqgweb | 2007-06-24 23:09 | ■読書感想

「雨の中の白い犬」

a0011909_2273485.jpg


先週仕事場に向かっている途中、雨の中汐留の電通前辺りを、うろうろ歩き回っている白い犬がいました。近くに飼い主らしい人もいないし、首輪もつけていないし、もしかすると野良犬なのかなあ、なんて思いましたが、どうだったんでしょうね。
野良猫に比べると野良犬って最近あんまり見かけないので、場所も場所だけになんだか不思議な感じがしました。

そういえば6月はほとんどブログを書かなかったんだけれど、なんだかアクセス数がやたらに多いので、どうしてなんだろうと思ってアクセスキーワード調べてみたら、どうやら「真夏の放火魔」ってタイトルの記事が原因みたいでした。

僕が以前このblogで占いサイトの感想かなんかを書いた記事の表題と同じタイトルでwebサイトを持っていた人がいて、ニュースになっていたみたいですね。

ハンドルネームは「真夏の放火魔」
埼玉県熊谷市の男性職員(27)が「真夏の放火魔」というタイトルのホームページ(HP)を開設したまま放置し、「将来の夢」として「放火魔」などを挙げていたことが9日、分かった。市は昨年12月に職員を文書注意処分とし、HPは閉鎖されている。」
SPORTS NIPPON NEWSPAPERS

googleで「真夏の放火魔」を検索してみたら、このblogでの記事が結構上のほうに表示されてました。そうか、だからあんな古い記事にコメントがついてたんだ。

いろんな事があるもんですね。
[PR]
by gqgweb | 2007-06-24 22:12 | ■日常感想

「夏の使者」

昨夜帰宅すると玄関前にコクワガタのメスがいました。
つかまえてしばらくテーブルの上で観察をしてからベランダに出て外に放しました。

自分のブログ内を「クワガタ」で検索してみたら
昨年9月28日に季節終わりのノコギリクワガタをみつけた話が一つ。
もう一つは2004年6月19日にその年初めてのクワガタ(コクワガタ)をつかまえた話がありました。だいたい今くらいの時期に発見しているわけですね。

そういえば毎年夏になるとオニヤンマがぐるりと飛んでくるんだけれど、今年もくるかなぁオニヤンマ。

a0011909_1864341.jpg

[PR]
by gqgweb | 2007-06-16 18:07 | ■日常感想