<痴漢でっち上げ>「人生台無しになると実感」…堺の会社員

電車内で男女に痴漢行為をでっち上げられ、犯人扱いされた堺市北区、会社員、国分和生さん(58)が13日、毎日新聞の取材に応じた。「男女には徹底的に罪を償ってほしい。警察の取り調べも怖かった。こんなことが二度とあってはならない」と涙ながらに訴えた。

ひどい話です。
よりによって「それでもボクはやってない」がテレビ放映されてすぐの事件。

この「示談金めあて」の痴漢でっちあげ行為っていうのは、以前からけっこう問題になっていました。一部の悪質な人々によって、割の良い金稼ぎの手段になっている実態もあります。

痴漢で捕まってしまうと、無実でもほぼ100パーセント近い確立で有罪になってしまうという現状では、実際疑われたらどうしようもありません。最近は少し「痴漢冤罪被害」に関しても改善されてきたのかなと思っていたのですが、まったく変わっていない様子ですね。間違って捕まったら終わりです。

しかし、世の中には痴漢被害者も沢山いるわけで、これはこれで被害者にしてみたらとんでもない事です。

で、ひとつ痴漢事件が発生したといっても、
1.本当に痴漢被害あっているのに訴えることができない人と、本当に痴漢をしていて捕まらない奴。
2.本当に痴漢被害にあって訴えることができた人と、本当に痴漢をして訴えられた奴。
3.勘違いで痴漢被害を訴えた人と、痴漢と間違われて訴えられてしまった人(例えば満員電車で電車が揺れて持っていたカバンが前に立っている女性のおしりにくい込んじゃったとか)
4.悪意を持って痴漢被害にあったと嘘をつく奴と、まったくの無実で訴えられた人。

少なくてもこれくらいパターンがあるわけです。

今回嘘とはいえ「痴漢された」と騒いだ女性がいたわけですから、警察が容疑のかかった人に事情を聴くのは当然の行為だと思います。問題はその時、警察が上記「2.本当に痴漢被害にあって訴えることができた人と、本当に痴漢をして訴えられた奴。」のパターンとしてのみで処理を進めていってしまった事。「3」や「4」の可能性だってあるのにもかかわらず。

本来なら「1.本当に痴漢被害あっているのに訴えることができない人と、本当に痴漢をしていて捕まらない奴。」の痴漢犯を捕まえるのが重要なので、忙しいとは思いますが(人が足りていなくてホントに忙しい)警察の生活安全部の人達には頑張ってもらいたいです。それから常に痴漢冤罪があるって事もよく考えておいて欲しいです。

ちょっと話はずれるけれど、政治家や著名人が移動の際、バスや電車ではなく、タクシーや運転手つきの車を使うのには、こういった「痴漢冤罪」のような事件に巻き込まれるのを防ぐためもあるんでしょうね。実際冤罪でも有名人の場合、容疑者になった時点で、その後の衝撃や社会的制裁は考えられない規模になるだろうし。もし「政治的な裏」があってでっち上げられても、今のこんな状態じゃ救うのは至難の業。例えば「ミラーマン教授」の場合、実際どうなのかはわかりませんが、電車に乗った時点で「油断していた」って事にもなっちゃうんでしょう。いやな感じですね。どうにも。
[PR]
by gqgweb | 2008-03-14 11:34 | ■事件感想

「貿易立国の危機」

円急騰、12年ぶり99円台 日本経済に打撃

とうとう1ドルが100円突破してしまったんですね。
99円台に突入したのは1995年11月10日以来、12年4カ月ぶり」だそうです。

1995年といえば阪神大震災や地下鉄サリン事件が起きた大変な年でした。
この時は4月に1ドル=79.75円までなったみたいですね。
新世紀エヴァンゲリオンの放送が始まったのもこの年。

そういえば「SPA!」の今週号、神足裕司のニュースコラム「これは事件だ」が、この円高ドル安の話でした。
この中で神足さんは田中宇氏の論証を取り上げています。
一見「陰謀論」とも読み取れる田中氏の話をあえて紹介しているのですが、非常に考えさせられるものがありました。世界の多極化の話です。詳しくは→「田中宇の国際ニュース解説

とにかくこの記事が執筆されている頃1ドル=101円台で、文末には「ドルはもうじき80円になると田中氏は言っていた。大事なとこだ。」と締められています。
そして今日99円台。あながち的外れではないわけです。

原油高と円高で、このままだと日本だけでなく、うちの家計もジワジワと疲弊してゆく感じです。世界規模の動きなので実感しにくいですが、マズイ事になってるんでしょう。きっと。
[PR]
by gqgweb | 2008-03-13 23:17 | ■噂話感想

「あしたの、喜多善男」

フジテレビで放映している「あしたの、喜多善男」。
いよいよ来週、最終回です。

原案が島田雅彦の「自由死刑」。
脚本が飯田譲治。
で、主役が小日向文世。

いつも第1話で自分に感触が合っていなければ、
以降観るのやめちゃうんですが、今回は久しぶりに毎週ドラマを見ています。

主役の小日向文世と矢代役の松田龍平がいいです。
1日疲れて、夜の10時に観る番組なので、
良い意味で役者が派手すぎないのも助かります。
それから音楽もすばらしい。

複雑だけれど混乱する事のないストーリーだったので、結末が本当に楽しみです。
原作とはずいぶん違う話みたいだけれど。

そういえば、島田雅彦の小説では「彼岸先生」が面白かったです。
個人的な感想でした。
[PR]
by gqgweb | 2008-03-11 23:42 | ■番組感想

「花咲く娘たちよ」

今日は雨が降っていたので一休み感がありましたが、花粉症がたいへんです。
週末は2日続けて天気が良く風も強かったので、いっきに症状が悪化しました。
あまりの事に本日病院に行って飲み薬点眼薬点鼻薬一式処方してもらいました。

今年「スギ花粉症デビュー」の人もいるんでしょうね。
花粉症って本当にある日突然発症するのでまいっちゃいます。

花粉の飛ばない杉が山を覆うのが早いか、
花粉症を完全に抑える薬が開発されるのが早いか、
どちらでもいいからなんとかなってほしいです。春。
[PR]
by gqgweb | 2008-03-10 18:42 | ■日常感想

「オペラ座の怪人」

Windowsで普段使うブラウザをFirefoxからOperaに入れかえました。
自分の過去記事を調べてみたら2004年にIEからFirefoxに乗り換えてました。

Firefoxは結構使いやすかったのですが、ちょっと起動や表示が遅い感じになっていたので、ためしにOperaに変更。いまのところは快適です。

僕はまだMacOS9も使っているのだけれど、こちらのブラウザ環境はかなり深刻です。
IEは開発終了してしまっているし、FirefoxやOperaも最新版はOS9に対応していない様子。
いろいろ調べてみたらwamcomっていうブラウザがあるみたいなので、今度試してみるつもりです。
[PR]
by gqgweb | 2008-03-07 10:32 | ■日常感想

「方位神」

コンピュータの調子が悪いです。
古いマシンだからしかたがないんだけれど。

固まったり表示がおかしくなったり電源が落ちたりするので、
まずアンチウイルスソフトでディープスキャン。
特に感染の様子なし。

スキャンディスクをして、各種ドライバをひとつひとつ確かめてみる。
一応疑わしいドライバをいくつか更新。
再起動をかけて使っているとまた不具合。

BIOSを再更新。
治らず。

コンセントやらUSBやらケーブルをあらためて繋ぎなおす。
治らず。

これはコンデンサが原因か。
コンデンサが膨らんでいたり液漏れしてたらいやだなあ。
ハンダ使うのめんどうくさいし、ちょうどいいコンデンサ見つけてくるのも大変だし。
と思いながらハコを開けて中を確かめたけれど特におかしなところは発見できず。
あと疑わしいのは電源ユニットやハードディスク本体があるけれど、部品交換するなら中古でマシンごと買いなおしたほうが手間もかからず安いかもなあ。

OSのクリーンインストールは不具合起きはじめた時かけたばかりだし、シロウトにはこれが限界。

で、夜が明ける頃までゴソゴソやって、コンピュータを別の場所に置いて使ってみたらそれからはずっと調子がいいです。

なんだろう?
熱暴走だったのか。
そんなわけないと思うんだけど。

まーいいや使えるから。
でもそろそろ新しいの用意しないと危ないです。
[PR]
by gqgweb | 2008-03-05 14:20 | ■日常感想