<   2009年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

GoogleがGmailやCalendar、Docsなどの稼働情報ページを公開

「米Googleは25日、GmailやGoogle Calendar、Google Docsなどの「Google Apps」全サービスの稼働状況を一覧表示するページ「Google Apps Status Dashboard」を公開しました(Googleブログ、computerworld、CNETの記事)。Dashboardページの各アイコンをクリックすると、その障害がいつ発生したのか、原因が何か、いつごろ復旧する予定かといったことがわかるようです。」
(スラッシュドット・ジャパン)

Google Apps Status Dashboard

さっそく見てみました。
なるほど。
これなら一応状況は把握できそうですね。

このページが障害で表示されなくなるなんてことがないように願います。
[PR]
by gqgweb | 2009-02-28 22:18 | ■噂話感想

「女ぎつね on the run」

a0011909_1331248.jpg



・・・・・・・・BARBEE BOYS
[PR]
by gqgweb | 2009-02-28 13:03 | ★音楽採集★

「おおきなせいぶつ」

先日も謎の巨大ヘビらしきニュースがありましたが
「ボルネオのナブー」
ナショナルジオグラフィック ニュースに「巨大エイ」の記事が載ってました。

巨大エイを発見、世界最大の淡水魚か

a0011909_18182727.jpg
for National Geographic News


大きいです。
「この巨大淡水エイはヒマンチュラ・チャオプラヤ(学名:Himantura chaophraya)と呼ばれる種で、2009年1月28日、ナショナルジオグラフィック協会が後援する探検調査プロジェクトの中で釣り上げられた。体重は250~450キロと推測されている。 」

記事によると大きさは
「幅が2メートル、長さが2.1メートルあったが、尾は失われていた。ネバダ大学リノ校の生物学者ゼブ・ホーガン氏は、「尾が残っていれば、全長は4.5~5メートルあっただろう」と推測する。」
だそうです。

巨大な淡水魚といえばアマゾン川のピラルクーが有名ですよね。
最大で5メートルくらいになる魚。
今回捕まったエイは、横幅もあるし、
確かにピラルクーと並ぶ世界最大級淡水魚でしょうね。

そういえば日本の妖怪には、「赤えい」(実在するアカエイとは別)ってのがいました。
島みたいな大きさのエイ。
まさかそんなのはいるはずがないんですが、
まだまだ想像を超えた大きさの生き物は存在してそうな予感。


大きな生き物って、出会うと怖いんだよなあ。
子供の頃、金魚とか鯉とかを売っている淡水魚センターみたいな所に行った時、
屋外の生簀の底にものすごく大きな魚が泳いでいてビックリしちゃった思い出があります。
今考えてみたらソウギョかハクレンあたりだったんだろうけど。

海で泳いでて、下をジンベイザメが通り過ぎたりしたら、驚いておぼれちゃうかもな。
[PR]
by gqgweb | 2009-02-27 18:53 | ■噂話感想

「Believe」

a0011909_1442291.jpg



・・・・・・・・山口由子
[PR]
by gqgweb | 2009-02-27 14:04 | ★音楽採集★

「最硬物質」

ダイヤモンドより硬い物質が発見される

「今回発見された「ダイヤモンドよりも硬い物質」は「wurtzite boron nitride(w-BN)」と呼ばれるものと、「lonsdaleite」と呼ばれるものの2つ。硬さとしてはlonsdaleite > w-BN > ダイヤモンド、という順番で、lonsdaleiteは今まで発見された物質の中でもっとも硬い物質となる」

えー?ホントに?
ダイヤモンドがいきなり世界で3番目に硬い物質になったってことですね。

Lonsdaleite(wikipedia)

どうもこのロンズデーライトっていうのは、
ダイヤモンドと同じ炭素原子の結晶体のようです。

どんなものなんだろう。
見てみたいなあ。
[PR]
by gqgweb | 2009-02-26 14:15 | ■物品感想

「Desperado」

a0011909_16412855.jpg



・・・・・・・・The Eagles
[PR]
by gqgweb | 2009-02-25 16:41 | ★音楽採集★

「情報巨大企業の憂鬱」

「Gmail」、2時間半にわたって使用不能に

ここ数日、「google apps」 にビジネス用のwebやメールの管理を移行している最中だったから、こういう事があるとちょっとなあって思ったりします。Googleはそれじゃなくても最近いろいろ問題を抱えているようだし。

じゃあ、なんで「google apps」を選んだかって言うと、他社が必ずしも万全とは言えないし、やっぱり便利だっていうのが大きいです。

以前は数百万かけて構築しなくちゃいけなかった機能が無料だったりするし。

あんまり問題が頻発するようなら他に乗りかえればいいしね。
個人や零細企業は、ゲリラ的に軽快に試したり退いたりしてないと、
やっていけない世の中ですから。
[PR]
by gqgweb | 2009-02-25 16:17 | ■噂話感想

「主題歌」

a0011909_11104869.jpg



・・・・・・・・中村一義
[PR]
by gqgweb | 2009-02-24 11:10 | ■日常感想

<米アカデミー賞>「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞

「米映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の発表・授賞式が22日(日本時間23日)に行われ、滝田洋二郎監督(53)の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれた。56年度(29回)に同賞が独立した賞になって以来、日本作品が受賞したのは初めて。また、加藤久仁生(くにお)監督(31)の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれた。」

アカデミー賞受賞。すばらしいですね。
いろいろな意見はあるでしょうけれど、映画作品にとって、ひとつの到達点であることは間違いありません。

滝田洋二郎監督と、「おくりびと」にも出演している広末涼子さんの組んだ作品では他に「秘密」があります。薬師丸ひろ子さんが主演していた「病院へ行こう」や野村萬斎さんの「陰陽師」、内田裕也さんが熱演していた「コミック雑誌なんかいらない!」なんかもそうでしたが、滝田監督の作品は、ジャンル如何によらず、いわゆる現代邦画(日本映画)色の濃い作品が多いです。

もともと滝田監督は「痴漢電車」シリーズや「桃色身体検査」なんかを撮っていたポルノ映画出身の監督です。

ポルノ映画から始まった監督は結構多く、例えば根岸吉太郎監督(代表作・「遠雷」「探偵物語」/ポルノ作品・「女教師 汚れた放課後」他)、周防正行監督(代表作・「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」/ポルノ作品・「変態家族 兄貴の嫁さん」)、井筒和幸監督(代表作・「岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS」「パッチギ!」/ポルノ作品・「暴行魔真珠責め」他)、金子修介監督(代表作・「ガメラ 大怪獣空中決戦」「デスノート」/ポルノ作品・「いたずらロリータ。うしろからバージン」他)、大森一樹監督や藤田敏八監督、森田芳光監督なんかもポルノ出身です。他にも沢山います。

世間が眉をひそめていたポルノ映画。その世界からの出身監督が撮った作品が、日本で初めてアカデミー賞外国語映画賞を受賞したことは、いろいろな意味を持っている気がします。

考えてみたら、加藤久仁生監督や、以前長編アニメーション賞を受賞した宮崎駿監督の作品にしたって、その昔は「漫画映画」と馬鹿にされていたジャンルです。

今、例えば世間的に汚らわしいと言われる18禁エロゲームを作っていたり、馬鹿馬鹿しい自作動画をUPしたり、エッチな美少女フィギュアを造形したりしている人がいても、まわりの人が蔑んだり嘆いたり批判したりしないでくれたらいいなぁと思います。

そのなかには将来、みんなを感動させてくれる作品を生み出す人がいるかもしれないから。

それはまた、「おくりびと」のテーマのひとつでもあると思います。
[PR]
by gqgweb | 2009-02-23 22:22 | ■催事感想

「ハル」

a0011909_15454763.jpg



・・・・・・・・小谷美紗子
[PR]
by gqgweb | 2009-02-22 15:45 | ★音楽採集★