タグ:国際 ( 186 ) タグの人気記事

「ひさしぶりに」

ひさしぶりです。
あけましておめでとうございます。

最近また、地震が増えてきて心配な毎日ですが、
とりあえず元気に過ごしています。

ここのところ個人的に気になるニュースといえば
SOPA(オンライン海賊行為禁止法 Stop Online Piracy Act)」
の問題です。
Wikipedia英語版が抗議のためにサイトを一時停止しています。

アメリカ議会の、この法案に抗議しているのは他に
Facebook、Twitter、YouTube、eBay、Google、Mozilla、Yahoo、AOL、Amazon等々。それからホワイトハウスも不支持を表明しています。ものすごいメンバーですね。

「オンライン海賊行為禁止法」という名称だけ聞けば
「いったい何が問題なの?」と不思議に思ってしまいますが、この法案が通ってしまうと、とんでもないことになってしまいます。

ちなみにこの法案の要点は
・著作権侵害コンテンツを含むサイトへのアクセス遮断をISPに命令できる(DNSブロッキングなどによってISPが通信を遮断するようになる)
・著作権侵害コンテンツが1つでも含まれていればサイト全体を停止できるとも解釈可能な表現になっている
・著作権侵害コンテンツへの資金提供を停止させる(GoogleなどのAdネットワークや、PayPalやVisaなどに対して、著作権侵害コンテンツを含むサイトとの取引停止命令を出せるようになる)
・ 検索エンジンの検索結果から著作権侵害コンテンツを含むサイトの削除を命令できるようになる
・著作権侵害コンテンツのホスティングだけではなく、著作権侵害コンテンツへのリンクも対象

(atmarkit.co.jp引用)

つまり、この法案が通過してしまえば、事実上、現在のweb活動は停止してしまうことでしょう。
今の中国のweb状況より自由度がなくなってしまいかねません。
ブログやツイッターや多くのSNSは真っ先に消滅してしまうでしょうね。
また、アメリカで適応されれば、当然日本にも波及してきます。

このブログでも何度も取り上げている「著作権」の問題が、ここにきて大きな爆弾となって破裂しそうな状態というわけです。

ものを創る仕事に携わっている以上、著作権が保護されなければ、とても困ってしまう反面、著作権という権利自体が化物のように膨れ上がり、すべての事象を飲み込んでしまうようなことになるのも、それはそれで大問題なのではないかと思います。

とにかくこの法案がどういった結果に行き着くのか、とても気になります。
[PR]
by gqgweb | 2012-01-18 15:43 | ■日常感想

「ビンラディンの死」

ビンラディン容疑者が死亡 米CNNが報道

「【ワシントン共同】1日の米CNNテレビによると、国際テロ組織アルカイダ指導者のウサマ・ビンラディン容疑者が死亡した。」


結局、謎は謎のまま死んじゃったんだなあ。
[PR]
by gqgweb | 2011-05-02 12:11 | ■人物感想

「放射能降り積もる国」

IAEAの避難基準を「超過」 飯館村の放射性物質 科学・環境 - エキサイトニュース

「【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長(原子力安全担当)は30日の記者会見で、福島第1原発の北西約40キロの、避難区域外にある福島県飯館村の土壌から検出された放射性物質の数値がIAEAの避難基準を上回ったと指摘、状況を見定めるよう日本側に伝えたと明らかにした。」

東電や日本政府のあいまいな発表もここまで。
諸外国の調査団や国際機関の厳密な検査をうけて、驚くような数値がさらに発表される事になりそうです。

統一地方選前の政治的なせめぎあいで、国民の安全が軽視されない事を祈ります。
[PR]
by gqgweb | 2011-03-31 11:32 | ■事件感想

「ジャスミン革命」

リビアのデモ首都に波及 軍部隊、任務放棄か 国際総合 - エキサイトニュース

「【カイロ共同】中東の衛星テレビ局アルジャジーラによると、リビアの首都トリポリで20日夜、数千人が反体制デモを行い、カダフィ大佐の支持者と衝突。民主化要求の波が41年以上にわたるカダフィ大佐の独裁体制の中枢に近づいた。」


チェニジアのベンアリ政権崩壊から始まった民主化ドミノは、エジプトのムバラク大統領を引きずり降ろし、イエメン、ヨルダン、アルジェリア、バーレーン、オマーン、サウジアラビア、イラン、リビアと次々に燃え広がっています。そして、その炎はついにインドや中国まで脅かし始めています。

「中国 茉莉花革命」が今後どのような推移を経ていくのか、隣国日本としても、とても気になるところです。

とりあえず、「ジャスミン革命」は今年の流行語大賞候補ですね。
[PR]
by gqgweb | 2011-02-21 10:53 | ■事件感想

「足音」

M6.9の地震でも何の混乱も起きない日本 - エキサイトニュース

「11月30日昼に関東地方や東北地方でマグニチュード6.9、震度3の地震が発生した。揺れが比較的小さく、津波の心配もなかったことから日本国内では速報が出る程度でそれ以降は大きなニュースにならなかった。一方、中国国内ではマグニチュードの大きさから比較的多くのメディアがニュースとして伝えた。また、中国国際放送局など一部メディアはやや規模の大きい地震でも大騒ぎしない日本国内の様子を記した記事も掲載した。」

この前の地震は震度が3でそれほど揺れなかったけど、マグニチュードが意外と大きかったです。
最近、首都圏で小さな地震が頻発してるのが気になります。

なにか大きな揺れの予兆じゃなければいいんだけれど・・・。
[PR]
by gqgweb | 2010-12-01 17:04 | ■日常感想

「平城宮毒蜘蛛の変」

奈良・平城宮跡に毒グモ 事業協会、注意呼び掛け

「平城遷都1300年祭のメーン会場の平城宮跡(奈良市)で30日までに、毒を持つセアカゴケグモが見つかった。主催の平城遷都1300年記念事業協会は、絶対に素手で触らないよう注意を呼び掛けている。」

ああ、またセアカゴケグモか。
まだうちの近所ではみかけていないけど、結構すでに全国に広がってしまってるようです。
側溝の下や瓦礫の中に巣くってることがあるみたいだから、外掃除の時には気をつけないと。

蜘蛛で海外から入ってきて欲しくないのはシドニージョウゴグモ。
攻撃的で姿も怖いし、死ぬ事もある猛毒。
靴の中とかに侵入するらしくて、恐ろしい。

とにかく日本にもともといない毒関係の生物が、これ以上持ち込まれないこと祈ってます。
[PR]
by gqgweb | 2010-08-31 10:27 | ■噂話感想

「ミクロの決死圏」

新種の細菌感染が拡大 ベルギーで初の死者

「【ブリュッセル共同】インド、パキスタンが発生源とみられ、ほとんどの抗生物質が効かない新種の細菌に感染した患者が欧州などで増えており、ベルギーで16日までに最初とみられる死者が確認された。欧米メディアによると、英国、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、米国、カナダ、オーストラリアで感染が確認され、今後さらに拡大する恐れがあるという。」
(KYODO NEWS)

なんだこれ?新種の細菌?
致死率とか、感染力とか、どのくらいなんだろう?
とても気持ちの悪いニュースです。

と思って、少し検索してみたら、産経のニュース
「英医学誌ランセット最新号によると、何種類かの細菌が「NDM1」と名付けられた遺伝子を持ち、ほとんどすべての抗生物質に対して耐性を持つようになった。こうした細菌に感染すると死亡率が非常に高くなるため、感染への監視強化と新薬の開発が必要だとしている。」
とありました。
この記事だと、未知の細菌が発生したって言うよりも、既存の細菌のいくつかに、抗生物質がまったく効かなくなってしまった、って事になります。いわゆる耐性菌って奴です。
これはこれで非常に厄介で恐ろしい。
新薬の研究が遅れれば、過去大流行した細菌性感染症がふたたび世界中の人々に死をもたらす、って事になってしまいます。

気がついた時には世界中で大流行なんて事にならなきゃいいけど。
[PR]
by gqgweb | 2010-08-16 21:39 | ■噂話感想

「空飛ぶネタ元」

チャーチル氏がUFO情報隠ぺい?=第2次大戦中、「機密」指示―英解禁文書

「【ロンドン時事】第2次世界大戦中に英空軍機がUFO(未確認飛行物体)に遭遇したとの情報について、チャーチル英首相(当時)が「国民をパニックに陥らせる」との懸念から50年間機密扱いとするよう指示するなど「隠ぺい」を命じていたことが、5日解禁された機密文書で明らかになった。」

パニックになるかなあ。
こういうの50年も隠蔽されると、実際なんだったのか調査・検証できなくなっちゃうよ。
まあ、戦争中だからしょうがないのかな。

不知火が妖怪じゃなくて自然現象だったみたいに、ちゃんと知れべればきちんとわかるかもしれないのに、
「馬鹿馬鹿しい事」っていうカテゴリーに押し込まれて、
学問として本格的に解明しようとする動きが少ないのが残念です。

「空軍偵察機が近海領空での任務を終えて帰還しようとした際、乗組員が近くにUFOが飛んでいるのを発見。UFOは空軍機の周りを音もなく動き回った後、どこかに飛び去ったという。」
[PR]
by gqgweb | 2010-08-06 10:04 | ■噂話感想

「違和感」

田口さん家族と再び面会 軽井沢の金元工作員


大韓航空機爆破事件。
1987年、北朝鮮のスパイが日本人になりすまし、大韓航空858便にプラスチック爆弾、液体爆弾をしかけ爆破させた事件。乗客と乗員115人全員死亡。

「拉致被害者家族らと会うため来日、長野県軽井沢町に滞在中の金賢姫元北朝鮮工作員(48)は21日午前、拉致被害者田口八重子さんの兄飯塚繁雄さん(72)、長男耕一郎さん(33)と20日午後に続いて面会、昼食をともにした。耕一郎さんは白のワイシャツに黒のスーツ、胸には拉致被害者のシンボル、ブルーリボンのバッジを着けていた。昼食は和気あいあいとした雰囲気で、バーベキューなどを楽しんだという。(KYODO NEWS)

北朝鮮という国家に命令され、捨て駒のように扱われた金賢姫は哀れではあるが、空から海へバラバラの残骸となって落ちていってしまった115人の人達には、軽井沢の別荘に宿泊する機会すら、1987年11月29日のあの日から、もう無い。

チャップリンが殺人狂時代で皮肉たっぷりに引用した言葉がちょっと頭をよぎった。
「一人を殺せば悪党で100万人殺せば英雄だ」
[PR]
by gqgweb | 2010-07-21 14:04 | ■人物感想

「飛べない・・・」

「慢性痛風」のオウム、購入者が返金求め提訴(ロイター) - エキサイトニュース

「オーストリア南部の裁判所で、高額で購入したオウムが慢性痛風のためうまく飛ぶことができないとして、飼い主が支払い金額の返済を求めて提訴した。オーストリア通信(APA)が5日報じた。」

はじめまたなにか真理教関連の記事かと思いましたよ。

それよりも、鳥類って痛風になるのか?
と思って調べてみたらなるみたいですね。

うちのセキセイインコ大丈夫かなあ。
っていうか自分が痛風持ちだし鳥の心配している場合ではない。
[PR]
by gqgweb | 2010-07-06 19:35 | ■噂話感想