人気ブログランキング |

「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!!」

アッコも登場! アニメ『ヤッターマン』がヤバイくらいに暴走中

「30年ぶりのリメイクということで話題のアニメ『ヤッターマン』(日本テレビ系)。月曜7時という、『ネプリーグ』(フジテレビ系)、『東京フレンドパーク2』など高視聴率番組の裏で、常時10%前後の視聴率を獲得、安定した人気のようである。
(中略)
 まず、「ガッチャマン」や「キャシャーン」、「ウラシマン」など、竜の子プロダクションの作品の人気キャラが、通行人や観客などとして、しょっちゅう登場する。そして、今回の新シリーズの大きな特徴は、タレントネタがやたら多いこと。

 たとえば誰がどう見ても小倉優子な“ようこるん”という不思議系アイドルが登場。不思議キャラを演じ続けるのを悩んだうえ、「“こるん星”じゃなくて、千葉県茂原市出身です」とカミングアウトしていた。この回には、敵メカ「ワダアッコー」として、和田アキ子が登場。巨大ロボにもかかわらず、テレビ局の守衛に「ああ、アッコさんでしたか」と、簡単に通されてしまう。

 ゴールデンウィークの特番では、みのもんたが実名で登場、叶姉妹も、「カノウ姉妹」という役で、声も本人が担当した「ホンモノ」として登場と、やりたい放題。

 また、声優の遊びも多く、5月12日放送分では、「巣鴨ぶらり旅」というつくりで、ドクロベエ役の声優・滝口順平氏が『ぶらり途中下車の旅』のナレーターであることを逆手にとり、「おやおやドロンジョさん、どこいくんですか?」といったナレーションをつけてみたりした。

 さらに前出の特番では、トンズラーの声優が、かつての『ドラえもん』でのジャイアン役、ドロンジョがのび太役だったことから、脈絡なくトンズラーが「のび太ァ!」といきなり叫び、ドロンジョが「どっかで聞いたことある声だねえ」とボケるという一幕まであった。」


エーーーーーーーーーー!!
そんなことになっていたのか。
リメイク版は一度オープニングを見たきりで、その後ぜんぜん見てなかったです。
月曜7時っていうのも、なかなか見られる時間帯じゃないし。
でもこれ、録画して見てみようかな。

僕はオリジナル版世代なんだけれど、30年前なんですねオリジナル版。・・・・・・・・。

そういえば実写版が来年公開されるみたいです。
嵐の櫻井翔君が主演で、深田恭子さんがドロンジョ役。

深田恭子さんは
「深田恭子に節食指令!ドロンジョのハイレグ衣装がムチムチ」って話もあります。
「セクシーというより、ムチムチなんですよ。特に太モモのたるみっぷりはヤバイ。事務所スタッフもドロンジョ姿の彼女を見て『これは・・・』と思ったらしく、ある程度の角度まではOKですが、V字ハイレグとなると断るんです」(ズバリ!裏芸能)

ムチムチのドロンジョってのも、ちょっと見てみたいけれど。

そうそう、タイムボカンシリーズっていえば山本正之の歌。
先日たまたま従兄弟が「山本正之」のCDを沢山所蔵しているのを知って、まとめて貸してもらいました。傑作揃いでした。
まあ、この人のCDを沢山持ってた従兄弟も、なんていうか、すげー。

山本正之氏の才能の一端はYouTubeでもちょこっと見ることができます。
特にこの「戦国武将のララバイ」はMAD職人のセンスも光る逸品です。

山本正之 「戦国武将のララバイ」 戦国無双MAD

では。
by gqgweb | 2008-05-19 10:30 | ■番組感想