人気ブログランキング |

2004年 04月 27日 ( 1 )

a0011909_173011.gif
こんにちは。
「おとなのラーメン」食べてみました。「おやつカンパニー」って会社から発売されている「ベビースターラーメン」の新種です。

僕は「ベビースターラーメン」長年のファンなので、大女優杉田かおるさん出演のCMを見て、ちょっとこれは食べてみないとならないなっていう一種の使命感に燃えて買いに出かけました。

「おとなのラーメン」は2つの味が発売されています。「唐辛子しょうゆ味」と「旨塩こしょう味」。

しばらく店頭で悩みました。「おとな」が「おとなのラーメン」を「おとな買い」して両方カゴに入れる事もできるのですが、やっぱり財布の事も考えてどちらかにしないと。まあ、いきなり「唐辛子」もなんなので「旨塩」にしてみました。

さて、「ベビースター」シリーズにしては大人の雰囲気満点のパッケージ(あたりまえか)をさっそく開封してみます。刺激的な胡椒の香り。これは明らかにビールを必要とする香りです。で、缶ビールも用意しました。中を見ると「ベビースター」にあるまじき姿の太麺?が入っています。これは同族「ドデカイ」シリーズにも通じる邪道ぶりですが「おやつカンパニー」にとってはもはや王道なのか。まあいいです。本人が「ベビースター」と名のっている以上これは「ベビースター一族」なのですから。

いよいよ「実食」です。
「カリッ」。そう、パッケージのキャッチに偽りなし。「カリッとハードな食感」です。コピーライターの方ご安心下さい。そして、味は・・・・。胡椒が強すぎるのではないか、と。思ったのですが考えてみたらこれは「おとな」の「ベビースターラーメン」なのです。そう、ビールとペアとなって始めて真価を発揮する味なのでした。

ビールあってこその「おとなのラーメン」。懐かしい「バラバラ落ちて食べにくいから美味い」子供のベビースターとはまったく違った(と言うか別物だろう)味わい。まさに、ちょうちん記事の如く「おとなのラーメン」は「おとなのラーメン」だったのです。

しかしこれでは「ポテトチップス」や「ポップコーン」、果ては「ピーナッツ」や「さきいか」と言った「ビールの相棒」の牙城を崩すことは難しいでしょう。まあ、そんな野望があるとも思えないけれど。

で、結局「カリカリカリカリ」1人で1袋食べちゃいました。食べ過ぎです。反省。
by gqgweb | 2004-04-27 17:29 | ■食味感想