2007年 03月 14日 ( 1 )

<新型インフル対策>ワクチン接種は「社会機能維持者」から

こんにちは。
あいかわらずインフルエンザが流行していますね。

時期はわからないけれど、今度流行るかもしれない
「新型インフルエンザ」は「エボラ出血熱」位の致死率
と強力な感染力を持つ可能性があるらしいですね。

地域で一人感染者が出たら街ごと封鎖されてしまいそうです。

あいにく僕は「社会機能維持者」に該当しそうも無いので、
続々と感染者が増えた場合、ワクチン投与は後回しにされる
事になるんでしょうね。

新型インフルエンザパニックが起きた場合、札束を積んで
ワクチン投与を受ける人達なんかも出てきて、あからさまな
「格差社会」の現状が晒される事も考えられます。

そんな中、「タミフル」と「異常行動」の話題が持ち上がっていて、
これもちょっと怖いし、原因がよくわからなくて困ります。

カタツムリの寄生虫で、宿主のカタツムリを操ってわざわざ鳥に
食べられやすい場所まで移動させちゃうやつとか、昆虫を操る
バクテリアとかもいるので、もしかすると「インフルエンザウイルス」
が何か目的を持って子供達を操っているなんて事も考えられなくは
ないですね。

コンピュータのウイルスみたいに。

とにかくなんとか原因を突き止めて、新型ウイルスに対抗する手段も
考えておかないと、結構ヤバそうな気がします。
[PR]
by gqgweb | 2007-03-14 23:23 | ■噂話感想