人気ブログランキング |

2007年 04月 13日 ( 1 )

メキシコ太平洋側でM6・0 震源地はアカプルコ北西

最近またちょっと大きな地震が世界中で起きていますね。

何故か世の中には
「パニックになるから、あんまり大げさに災害を警告しない」
みたいな雰囲気があって、実際起きてしまうと
「予想を上回る揺れで崩壊した」とか
「未知の断層のずれで予測できなかった」とか
ヘンテコなコメントが出したりしますよね。

日本みたいなプレートの狭間の国は隅々まで大地震の起きる可能性が今日も明日もあるわけですから、まあ、紛争激化中の国を丸腰で歩きまわっているのと同じようなもので、警戒しすぎてし過ぎって事もないような気が僕はするんですけれど。

あげくの果てに下の記事みたいな事になっちゃうわけです。

5割超の親が津波避難を制止 群馬大、岩手・釜石で調査
「お母さんに逃げようと言ったら、(津波は)来るわけがない、うるさいと怒られた」-。昨年11月15日の千島列島沖地震で津波注意報に伴う避難指示が出た岩手県釜石市で、「避難しよう」と呼び掛けた2つの小学校の児童の5割超に当たる81人の親が「大丈夫」と引き留めていたことが、群馬大工学部の片田敏孝教授(災害社会工学)の防災意識調査で13日までに明らかになった。」

これじゃあみんな死んじゃうよ。
by gqgweb | 2007-04-13 22:25 | ■噂話感想