人気ブログランキング |

2008年 12月 08日 ( 1 )

<毎日世論調査>内閣支持21%に激減 「首相に」も小沢氏

「毎日新聞は6、7の両日、電話による全国世論調査を実施した。麻生内閣の支持率は21%で10月の前回調査から15ポイント下落、不支持率は17ポイント増の58%だった。「麻生太郎首相と小沢一郎民主党代表のどちらが首相にふさわしいと思うか」という質問への回答は、麻生首相が21ポイント減の19%、小沢氏が3ポイント増の21%で両者が初めて逆転。」

これだけ失言報道や期待はずれコメントがあいつぐ麻生首相の「首相にふさわしい度」が19%なのは仕方が無いにしても、対抗の民主党小沢代表もしょせん21%。トホホな状況である事を国会議員は認識できているのでしょうか。

2008年12月現在、国会に議席を持っている日本の政党は
自由民主党、民主党 、公明党、日本共産党、社会民主党、
国民新党、改革クラブ、新党大地、沖縄社会大衆党 、新党日本 。

政界再編の声が高まっているようですが、また選挙対策のみで強引に肩を組んだりすると、各党への不信感というよりも、国会そのものへの不信に繋がってしまいます(もう十分そうなっていますが)。

支援者や取り巻きやマスコミ報道の声ばかり耳に入れて、自分は支持されていると思っていたら大間違いで悲惨な事になるでしょう。

幕末の大名じゃあるまいし、誰についたらお家存続が可能かなんてウロウロしているうちに、維新が起きちゃったみたいな事にもなりかねないんですから。

以前も書いた事がありますが、もう議員の「就職活動としての選挙」なんかに付き合っている状態でも気分でも、ないですからね。
by gqgweb | 2008-12-08 09:22 | ■噂話感想