人気ブログランキング |

小向美奈子が暴露本とヌード写真集を出版か!?

「今年9月、仕事のドタキャンなどを理由に所属事務所から解雇された巨乳グラドルの小向美奈子(23)が「週刊ポスト」で2週連続で衝撃告白している。その小向が次に暴露本とヌード写真集を出版するというので、注目を集めている。
 小向はグラビア仲間が札束を抱えた男たちに体を売り、金銭感覚がマヒし、ついには使い捨てられる様子を見てきたと告白している。アイドルのいわゆる“枕営業”は業界でよく知られている話だが、その実態を明らかにするのは異例なだけに戦々恐々としているタレントも多いようだ。」


過去に芸能界の裏を雑誌や暴露本で発表した人はいました。
たとえばダン池田とか。
そういう人の末路は結構哀れなことになっています。

どの業界にも会社にも、わかっちゃいるけど言ってはいけない、って部分があるでしょう。
それがここ数年次々に暴かれてきました。
建築業界(耐震偽装等)食品業界(産地、賞味期限偽装等)厚生労働省(年金問題等)
証券業界(インサイダー取引等)教育委員会(教育採用汚職等)外務省他(北朝鮮拉致被害等)大学生(大麻吸引問題等)・・・。

その業界、その組織で熱心にきちんと働けば働くほど、
いつの間にか「裏」の部分も引き受けることになる。
「まあ、業界の習慣だから」
「これ言ったら、仕事にならないよな」
「会社(組織、仲間の信頼)を壊すわけにはいかないんだよ」
「黙って俺が引き受ければすむことだ」
「知ってるけど・・・言えないよね」
それでも、自分と直接関係ない組織や業界の問題には顔をしかめたり、怒ったりする。
「常識ないだろ」
「信じられませんね」
「国民を欺いている」
「なぜ早く言わなかったのか、騙された」
「まじめにやってる人もいるのに迷惑だ」
多くの人が、告発と見過ごしの狭間で苦しんだり悩んだり
ほくそえんだりしているはずです。

さて、そういった中でも表に出にくい業界があります。
そう、芸能界、マスコミ業界、それに連なったり関連する団体
(例えば相撲協会とか)などです。
B-CASの問題なんて大問題のわりに知らない人が多かったりするし。
googleで「B-CAS」を検索すると結構大問題なのがわかりますよ。
騒ぎにならないうちにずいぶん処理が進んじゃったけれど。

なにしろ本来「告発」を後押し、世の中に報道する業界ですから、よほどのことがない限り
自分たちの暗部を表に出すことはありません。その世界で生きていこうとしている人なら、
なおさらです。

今回の小向さんの告発も残念ながら、
最終的にダン池田さんの末路と同じ道をたどる可能性が高いです。
馬鹿な娘のたわごととして電波の沼に沈んでゆくことでしょう。
ベンジャミンフルフォードさんみたいに何でもかんでも「陰謀や裏」で動いているとは言いませんが、芸能業界に触れてはいけないことが満載なのは、ちょっとでもそこで働いている人なら知っているはずです。

ただ、ダン池田さんの頃と大きく違うのは、
今はwebからの問題提起があるってところです。
ね、だから報道関係者はネット社会を「悪」だと言い続けるのです。

ネット社会なんてないのにね。
by gqgweb | 2008-11-29 14:13 | ■噂話感想